Loading...Loading...

パチンコは、まあしょちゅうやっていた。手打ちのころは年間を通してみてもコンスタントに勝っていた。
アイツは「パチンコで家を建てた」とやっかまれるくらい勝っていた。

ただパチンコ台の自動化が進んで、実力より運しだいになって、勘定はしていない
(しゃくだから)が家一軒は失うくらい大げさにいえば負けたんじゃないだろうか。
まあこれでとんとんだからいいとなぐさめるしかないねぇ。

そのパチンコもここ3年全然いかなくなった。我慢しているわけではない。
がまんというのはそうそう長続きするものではないもんね。
もともとコントロールしながらやっていたから、朝からパチンコ屋に走るようなことはしなかった。

パチンコだけは誘い合ってはいけません きじん



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

長泉町の偉人といえばこれはもう米山梅吉。(1868年~1946年) 日本初のロータリークラブ創設とか、日本初の信託会社(現三井住友信託銀行) も設立した。 私財を投じて教育、農村振興、ハンセン病診療所...「長泉町の偉人 米山梅吉」の続きを読む
今年の大河はおもしろい。毎回欠かさず観ている。ここから13人の潰しあいが始まる。 梶原景時の失脚は見応えがあった。 北条義時がその権力の頂点に上り続けるその道程がこのあとどう描かれるのか、 なんかゾク...「鎌倉殿の13人」の続きを読む
第1期王将戦(第6局)で、升田幸三8段が、木村義雄名人との対局を拒否した事件。 対局場の「陣屋」に着いた升田は、玄関のベルを押したが(何度押しても)誰も出てこなかった。「自分をおさえきれず私は陣屋の玄...「陣屋事件」の続きを読む
朝日新聞の時事川柳が炎上している。 (これらの句が粋かどうかは別にして)そんなに敵意を剥きだしにされるような句で もないなあと思っているところです。 まあ朝日新聞といえば、「ある層・ある勢力」からは目...「炎上時事川柳」の続きを読む
鈴鹿川柳大会の大会誌がもう来ました。なかなかおしゃれな表紙です。 揭句↑は「微妙」平井美智子選 団石氏の秀句。 静岡から参加した他の3人の入選句を1句づつ。 「武士」東川和子選 通勤の電車に武士の顔...「勲章を死体の首に掛けている  水品団石」の続きを読む
明治から現代にいたる300人の柳人の作品(各25句)が収められている。 大変な作業をよく完遂されたものだと思っている。 ぬぎすててうちが一番いいという  岸本水府 あちこちに行くと、なんでこんなとこ...「近・現代川柳アンソロジー」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K