Loading...Loading...

 

川柳マガジンクラブ神戸句会(第六十一回)

平成二十九年七月二十日(木)神戸市たちばな職員研修センター

 

参加者:順不同 敬称略

長島敏子   吉井扇久  河合受身  盧光来 宮崎美知代 今津隆太

小倉しゅういち  こやまひろこ 井上登美  石川憲政  田中おさむ

矢野野薫  末盛ひかる 毛利きりこ 城戸幸二 福西悦子(初出席)

十六名

席題 風      こやまひろこ共選

「佳句」

一吹きの風のごちそう朝散歩        悦子

逆風へ慌てはじめた安倍首相         敏子

向き合えば沈黙の風なお憂う        美知代

九条へ護憲の風を起こさねば         敏子

烈風の合間を縫って主張する         受身

晩節も風の向きより決めた道         光来

原発の風評古里踏みつぶす          光来  

「秀句」

七夕の願い事ほら揺れてます         登美

風強く吹くほど握る手に力          しゅういち

「特選」

分かち合いながらそよそよ暮らしてる    ひかる

選者評:そよそよ暮らしてる・・・・・風の吹くまま老後はこんな風がいいですね。

「軸」

てっぺんの風に梯子をはずされる    ひろこ

席題  風  田中おさむ共選

   「佳句」

  七夕の願い事ほら揺れてます          登美

   九条へ護憲の風を起こさねば         敏子

   エアコンは故障今夜は団扇風          きりこ                 

   何党で選挙に出るか風次第           幸二

   向き合えば沈黙の風なお憂う         美知代

   愛憎の風に吹かれて君想う           美知代

   一吹きの風のごちそう朝散歩         悦子

   「秀句」

   逆風へ慌て始めた安倍首相           敏子

   したたかに運を味方に風に乗る        扇久

   「特選」

   晩節も風の向きより決めた道         光来

   選者評:作者は流れに流されない芯の強さを感じます。

   「軸」

   猛暑日の打ち水涼風を誘う          おさむ

 

宿題    「服」   末盛ひかる 共選

   「佳句」

制服を脱いで私の顔になる           扇久

本当に仲が良いのかペアルック         きりこ

胸を張り再就職のユニホーム          受身

軍服を着せてはならぬ孫曾孫         光来

銀シャリに化けた母さん一張羅        幸二

誰でもない私のための赤を着る        ひろこ

試着室そっとメジャーを当てて見る      隆太

「秀句」

肩パット外し気楽になった首          敏子

傲慢の裸を隠す服を着る           受身

「特選」

淋しさを迷彩服に秘めている         美知代

選者評:寂しさを秘めているのは迷彩服….意外な組み合わせ….でもすごく沁みる句!

「軸」

干す度に優しくなった作業服         ひかる

 

宿題     「服」    吉井扇久 共選

   「佳句」

   亡母さんごめん喪服の妻に見惚れてた    憲政

   新社員やっと背広も板につき          野薫                

    軍服を着せてはならぬ孫曾孫       光来

    肩パット外し気楽になった首        敏子

    試着室そっとメジャーを当たてみる    隆太

    玉虫色の服がお似合い二枚舌       光来

    寂しさを迷彩服に秘めている       美知代

   「秀句」

   誰でもない私のための赤を着る       ひろこ

   セーラー服君はいつでも三両目       おさむ

   「特選」

   帆船の粧い映える神戸港           登美

   選者評:海の記念日、ちょうど神戸港に帆船が集積しています。「服」という課題ですが「粧い」という言葉が効いています。

   「軸」

   制服を脱いで私の顔になる          扇久

 

句評会    司会   城戸幸二

椋鳥の襲来断った鷹一羽         受身    2点

刃のように研ぎ澄まされて指す将棋  野薫    5点

年金がどうなる先が読めません     隆太    1点

三年は青春だった気は二十歳      しゅういち 0点

人生論口火を切ればエンドレス      ひろこ   5点

炎天で食したかったかき氷        悦子    0点 

円周率最後の桁は宇宙の涯       幸二    2点

通夜の席茶柱立ったお茶が出た     扇久    2点

メモ数多作ったことが無いレシピ     光来    7点

何もかも不一致ですが君と居る    登美   14点          

物分かりよすぎる他人ごとだから     美知代    6点

夢芝居だったか花火揚げたのは       敏子     6点

逆上がりくるり想い出捨てられぬ     ひかる    3点

歩は金に少年棋士の脱皮中         憲政     1点

美人だとすぐに信じる癖がある      おさむ    5点

野良猫は四つも名前持っている       きりこ    5点

 

                                                                                                       

 近況報告等      (順不同)

▼七月十五日~十七日の三連休に東京から長男家族が帰省してきた。里山を歩くこと、近くの鴨池でボートを漕ぐ、庭でバーベキューをする、など計画は、盛り沢山。忙しい。

▼六月末に吉備津神社(総社市)にあじさいの写真を撮影に行ってきました。

▼六月四日選挙に始まり小中学校の運動会・交流会と三人目が出来るわと、誌上大会の作句にと大わらわ。

▼夫が健康のためできるだけ早朝ウオーキングをしているので私もなるべく一緒について行きます。一人では途中で帰ってきそうなので。その時一、二句題材をみつけます。

▼パーキンソン病友の会の会報紙の「川柳コーナー」が三回目となり二ページ目の句会参加者二人の感想文が楽しい内容で読んでいただけて良かったなと思います。

▼先日叔母(八十九歳)が台所で尻もちを搗き左の大腿骨折、寝たきりになるのが心配です。

▼岡山県津山市にある「津山自然ふしぎ館」に行った。説明のできない感動があった。大人も子供も一度はお勧めしたい。

▼三番目の孫が来年一年生に。上の二人にもランドセルをお祝いにしていたが年年高くなり「六万」だという。一年に一万円の計算になる。八月に奮発して送金する。

▼先週の日曜日、三木の伽耶院というお寺に行った。「入山料草引き十本」と書いてありそのユーモアに感服しました。

▼滋賀県の兄から八月十七日に父の十三回忌と義母の七回忌をするとTELあり、久しぶりに親戚と会える。なので八月のマガジン句会は休みます。

▼友人からメールあり。「十八歳と八十一歳の違い」道路を暴走するのが十八歳、④  逆走するのが八十一歳。恋に溺れるのが十八歳、風呂で溺れるのが八十一歳。

 

▼記念句会の反省会。みなさん「良かった」とのこと。句報も出来上がり一安心。この和やかさが神戸句会の良いところ。また次へ一歩。

▼車検切れを機に先月処分。必要な時はカーシェアを利用。車所有より経費が掛からなくていいのだが、慣れていない車に次々乗るので操作上や後始末など少してこずる。

▼七月は主人も私も誕生日。今年は十名で一泊旅行した。朝は孫たちと露天風呂。最高に楽しかった。

▼記念大会当日歩行中に転倒。道の真ん中でしたたか頭を打ち救急車のせわになった。熱中症?市立病院で頭の中身もチェックしたが問題ない。三日後に豪州旅行に行った。

 

今後の予定

 

八月例会

  八月十七日(木)  午後一時開始

  たちばな職員研修センター    TEL  078 341 0120

 

 宿題「勝手」

 

九月例会

  九月二十一日(木)  午後一時開始

  たちばな職員研修センター    TEL  078 341 0120

 

宿題  「ツール」

 

 

 

報告者  城戸幸二

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

  先ず、豪雨により被災された大分県、福岡県の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。 土石流による被災地の惨状をニュースなどで目の当たりにするにつけ、先の震災により被災した六年前の記憶がフラッシ...「7月仙台句会」の続きを読む
7月2日(日) 第123回静岡句会を開催しました。 出席者は、 勝亦武子、中前棋人、勝叉恭子、山口季楽々、遠藤まつゑ、渡辺遊石、 風間恵子、水品団石の8名 ▲ 第一部 句評会 ◎ピカピカの街私の時が消...「静岡句会」の続きを読む
   川柳マガジンクラブ東京句会 第127回例会       第127回川柳マガジンクラブ東京句会が6月11日に東京都文京区「駒込学園」にて開催されました。出席者は、お世話役の植竹団扇さん、松橋帆波さ...「東京句会6月(第127回)例会報告」の続きを読む
今年も早や後半に突入の7月2日。奈良句会に向かう途中で本を買ったら、粋なブックカバーを付けて呉れた。国民文化祭のロゴマークがきれい。 川柳部門の事前投句は月末まで、お忘れのない様にお早めに。 Gファイ...「奈良句会7月報告(127回目)」の続きを読む
おしゃれセンマガ神戸っ子   「川柳マガジンクラブ神戸句会創立5周年記念川柳大会」   日時  平成29年6月15日(木) 12時30分~ 場所  たちばな職員研修センター(水道局)3F 出...「川マガ神戸句会~~5周年記念大会」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K