Loading...Loading...

11月11日(日)高崎労使会館で表記句会を行った。参加者は、河合笑久慕、田島悦子、大沢覚、梁瀬みちよ、勢藤潤の5名。前回より参加者は減ったが、句評会に時間をたっぷりと取り、有意義な時間であった。句会の後のサロンでは大きな大会で活躍されている作者の作品を鑑賞し、感想を出し合い今後の作句の向上につなげるようにした。

句会の入選句は、

「黄」   田島悦子 選   人類の終末時計黄信号        笑久慕

・              見守る子等殻をやぶってでるヒヨコ  みちよ

・              人間の都合で分ける黄身白身     潤

秀作             嘴の黄色がほざく小生意気      覚

・              妻と子の黄色い声に支配され     笑久慕

特選             菜の花の中で愉快を取り戻す     みちよ

軸吟             初孫に黄ばみのとれる夫婦仲     悦子

 

「残念」  簗瀬みちよ 選  先生が三猿になるいじめっ子     覚

・              両親の愛を信じた虐待死       悦子

・              早逝の悔しさ滲む喪の葉書      潤

秀作             西口と東口とで待ちぼうけ      覚

・              浴槽に浮かんだ一句置き忘れ     悦子

特選             さよならをしたのはみんないい女   潤

軸吟             青春のまっただ中で選ぶ自死     みちよ

次回は、12月9日(日)13:20~ 高崎市労使会館で。

句会の宿題は、「微妙」「追加」(各題2句)

サロンでは即吟で「しりとり川柳」を予定しています。

楽しい議論が好きな方は是非ご参加下さい!         (勢藤潤 記)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

   第143回 川柳マガジンクラブ東京句会        12月9日の句会は、恒例の「忘年句会」として「お楽しみ句会」を予定しています。常連さん以外に多数の皆さんのご参加をお待ちいたします。なお、準...「月例東京句会 第143回会報」の続きを読む
     第142回 川柳マガジンクラブ東京句会         このブログは以前松橋帆波さんが書かれて、できるだけ詳しく句会の様子を伝えてきました。平成23年7月に星野睦悟朗が引き継いでその方針で書...「月例東京句会 第142回会報」の続きを読む
 猛暑続きのお詫びのように十日ほど続く小春日和の奈良三条通り、蕎麦処「かえる庵」に集まった奈良句会の常連10名(敬称略=池田みほ子・林ともこ・柴橋菜摘・木村宥子・山崎夫美子・佐藤かえる・香依古・中堀優...「11月奈良句会報告」の続きを読む
  先月の句会は、参加予定の皆さんが都合が悪く、中止となりましので、ブログもお休みさせていただきました。そんなわけで、今月は、先月の分まで張り切ってご報告致します。最後までお付き合いください...「10月仙台句会(第110回)」の続きを読む
第七十五回川柳マガジンクラブ神戸句会報告 二〇一八年十月十八日 出席者     順不同  敬称略   毛利きりこ 長島敏子    河合受身  小倉しゅういち こやまひろこ 吉井扇久  山本と...「川柳マガジン神戸クラブ第75回例会報告」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K