Loading...Loading...

日本の移民により太平洋を渡った川柳は、30年ほど前にハワイの川柳会が解散してしまいましたが、アメリカ本土のロサンゼルスに残っています。
日本人として故郷の文化と言葉を大切にする一手段が川柳でした。
ロサンゼルスに残る柳人と太平洋を越えた交流に出掛けませんか。
どなたでも参加可能です。
事務局までお問い合わせくださいませ。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

雀郎60年忌 昭和35年1月27日、前田雀老先生が亡くなって60回忌を迎える。 栃木の「雀郎会」が解散してしまい、少し寂しく思っていたが、私ども久良伎-雀郎-三柳を師系とする者が集まって、60年忌句会...「前田雀郎翁60年忌」の続きを読む
 みなさま、あけましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い申し上げます。 今年は、前田雀郎翁の60年忌であり、われわれその師系に連なるものとしては、大切な節目で行事も行いますが、葛飾北斎翁も1...「あけましておめでとうございます」の続きを読む
 第4回 龍ヶ崎市民川柳大会にお邪魔し、講演の機会を得ました。初代川柳生誕300年にちなみ、川柳の文芸と文化について話させていただきました。 茨城は、明治柳風狂句期には作家が一人もなく、新川柳になって...「太田紀伊子さんの成果」の続きを読む
 11月の川柳誹風会は、会場を取りそこなったアクシデントにより、急遽茶室での開催。 いつもとは、違う雰囲気の中で研究句会が行われた。 課題は「私の川柳 今年の成果」をショートレポート。各自、1年を振り...「川柳 誹風会 11月例会」の続きを読む
竹本瓢太郎さんが亡くなってしまった。今日は、通夜である。 心からの感謝と哀悼を捧げたい。 木枯が旧い絆を連れて去る    十六代 川柳 なんだかんだ言っても、私にとっては掛け替えのない川柳の先輩であり...「追悼 竹本瓢太郎大兄」の続きを読む
   ・・・・・・。 ...「秋の夕暮れ」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K