Loading...Loading...
01世0 本日は川柳発祥の日です。
 宝暦7年8月25日、川柳は、浅草新堀端龍宝寺門前において産声をあげ、今日の隆盛に繋がりました。
 259年間におよぶ歴史の中で、その継承と普及に力を尽くしてきた先達柳人の数々に感謝したいと感じます
 川柳を考える一日として有意義に過ごしたいと思います。


この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

8月恒例の「川柳発祥の日を祝う会」に併せて、「村田周魚翁没後50年記念川柳展」を明日より開催します。 本日は、あいにくの台風に邪魔をされた形でしたが、川柳への熱意高き仲間が台東区の隅田公園リバーサイ...「川柳発祥の日を祝う会・村田周魚翁没後50年記念川柳展はじまる」の続きを読む
こりゃあ…仕事になりませんね。 ...「Pokemon GO」の続きを読む
5月8日は、川柳の原点「誹風柳多留」の手本となった「誹諧武玉川」の著者・慶紀逸の命日です。 4年前、再発見された過去帳を元に、<慶紀逸250年>行事を開催した谷中の日蓮宗・龍泉寺を訪ねて、供養をしてい...「今日は、慶紀逸の命日です」の続きを読む
大山阿夫利神社を訪ねて、周魚翁第三の句碑再建の可能性を模索しました。 大山阿夫利神社宮司目黒様、阿夫利睦会長の磯崎様のご案内をいただき、諏訪御柱の立つ大山参道口の説明を受け、事業を進める上での地域特性...「大山阿夫利神社への周魚翁句碑再建立を模索」の続きを読む
foto ...「フォト川柳」の続きを読む
朝日新聞に川柳の記事が載り「よむ」に同感。 「詠む」は、時間的推移の中での吟詠であり、詠嘆です。 和歌を詠ずることや、俳句での切れ字は、たしかに「詠む」といいそうですが、川柳の場合は、事象の切り取りで...「川柳に「詠む」は不向き」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K