Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム8月句会のご案内→2019年8月1日(木)17時50分開場・大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第7研修室にて。宿題「いまさら」「時」「ふくらむ」「自由吟(赤松ますみ選)」、席題と印象吟あり。出句各題3句。出句締切18時50分(印象吟のみ19時30分) 句会参加費800円

☆☆印象吟勉強会・ぜりぃびぃんず次回開催:2019年7月25日(木)午前10時に大阪市立東洋陶磁美術館前に集合、日本フィンランド外交関係樹立100周年記念特別展「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピアコレクション・カッコネン」を鑑賞吟行。ランチを挟み、大阪中之島中央公会堂・第7会議室にて句会。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつまで降るのかと思った長雨も昨日今日とちょっと一休みの感じの大阪です。ここしばらくなにやかやでなかなかブログまで辿り着けず更新が遅くなりました。12日に開催の川柳文学コロキュウム7月句会からも一週間以上経ってしまいましたが簡単にご報告を。この日は出席10名、投句8名、計18名の参加。体調を崩された方も多くて少し寂しい人数だったのですが句会ではいつも通りいい作品と出合えたすてきな時間でした。右は今回出題の印象吟題です。→

この日の私の結果です:

黄金色していた深い沼だった        (前号集句印象吟)
あんどんの下で広げている和綴じ      (席題「ノート」)
遊園地の端っこにいるさびしんぼ      (宿題「端」)
ポスターの端っこ本音みえている        (同)
トルコききょうのもやもや抱いているらしい (宿題「もやもや」)
鼻声で話す決心つかぬ朝            (同)
ペンの乱れを拭って雨の港町        (宿題「なぞる」)
泣き声をなぞれば深い深い霧          (同)
輪郭をなぞる まぼろしだとわかる       (同)   他4句。
いつだって赤い絵の具は挑戦者       (自由吟軸吟)

・・・・・・・・・・・

さて、締切までに後10日ほどになってしまった誌上大会2件、そして締切1週間後に迫った川柳マガジン文学賞のご案内です。どうぞたくさんご応募下さいますように。

川柳えんぴつ社 第三回 川柳誌上大会

課題 「雑詠」・「ギャップ」(一題二句詠)

選者(各課題五名共選)

「雑 詠」

岡崎  守   (札幌川柳社)   津田  暹   (川柳研究社)

島田 駱舟(印象吟句会・銀河)   赤松ますみ(川柳文学コロキュウム)

八甲田さゆり  (川柳カリヨン)

 ギャップ」髙瀨 霜石 (弘前川柳社)  新家 完司  (川柳塔社)

美馬りゅうこ  (番傘川柳本社)    平田 朝子   (川柳噴煙吟社)

玉井たけし    (柳都川柳社)

 ・投句は専用用紙をお使い下さい(コピー可)(作品は未発表の自作に限ります)

・作品、住所、雅号、郵便番号、電話番号を明記下さい。

・投句料 千円(郵便小為替・郵便払込をご利用下さい)

切手は不可。口座番号 〇〇七五〇‐八‐二六〇〇 加入者名 川柳えんぴつ社

・締切 2019年7月31日(水)当日必着

・投句先  〒939‐2729  富山市婦中町響の杜297‐28

川柳えんぴつ社誌上大会係  山下 功 宛

・問合せ先 ℡090‐2833‐4361 川柳えんぴつ社 会長 坂下 淸

・発表 川柳えんぴつ誌2020年4月号 ・表彰 秀句賞他 ・主催 川柳えんぴつ社

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第9回「ふるさと」川柳募集

課題「生」(一口2句、12人共選、複数応募可)

選者 

伊藤寿子 渡辺松風 加藤ゆみ子 岡本 聡 興津幸代 米山明日歌 中山恵子 

吉崎柳歩 赤松ますみ 石橋芳山 梅崎流青 浅利猪一郎

締切 2019年7月31日(消印有効)

投句料 一口1,000円(切手不可、小為替等使用)

用紙 所定の用紙、または便箋等使用   ※2句を一枚の用紙に記入

投句先 〒014-0602  秋田県仙北市ひのきない字長土呂85 浅利方

「第9回ふるさと川柳事務局」 宛

賞 多数    ℡・FAX 0187(48)2236

発表 柳誌「湖」2019年10月末発行(応募者全員に送付)  主催 川柳湖(うみ)

・・・・・・・・・・・・・・・・

第17回 川柳マガジン文学賞 作品募集

 【応募要項】専用投句用紙か市販の原稿用紙を使用、雑詠10句(未発表作品)・作品タイトル・住所・氏名(雅号)・年齢・電話・性別・所属結社を明記、参加費3、000円(郵便小為替)を同封の上、左記まで。(複数投句可)

【投句先】(問い合せ先

〒537‐0023 大阪市東成区玉津1‐9‐16 4F新葉館出版内

第17回 川柳マガジン文学賞 係      

℡06‐4259‐3777   FAX 06‐4259‐3888

【選考方法】

・10句を対象に総合的な作句力を表彰。

・各選者ごとに1位~3位、秀逸12名、佳作30名選出、入選を採点、大賞以下を決定。

 【選者】 阿部勲・赤松ますみ・今田久帆・大野風柳・新家完司・髙瀨霜石・田中新一

 【賞】大賞1名 (賞状と楯、副賞として川柳句集の出版権と同書の電子書籍化)

準賞3名 賞状と楯

【締切】2019年7月27日(消印有効)

【参加費】3、000円(郵便小為替利用)

(事務手数料、送料を含む発表号の掲載誌代として)

【発表】川柳マガジン2019年11月号(2019年10月27日発売)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K