Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム11月句会のご案内→2018年11月15日(木)17時50分開場・大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第7研修室にて。宿題「いびつ」「モノクロ」「耐(た)える」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。  出句各題3句。出句締切18時50分(印象吟のみ19時30分) 句会参加費800円

☆11月のぜりぃびぃんず:11月29日(木)10時に阪急電車中津駅の改札出口2に集合後、徒歩で3分ほどの場所にある南蛮文化館にて鑑賞・吟行。ランチを挟み、大阪総合生涯学習センター第3会議室にて句会勉強会。

★お詫び:11月のぜりぃびぃんずの予定を先日配付の会報に間違って記載していたようです。正しくは上記の通り、11月29日(木)ですのでよろしくお願いします。

・・・・・・

☆カルチャー教室のご案内

JEUGIAカルチャーセンターイオン洛南「はじめての川柳教室」

アゼリアカルチャーカレッジ「木曜日のしあわせ川柳」

塚口カルチャーセンター「たのしい川柳」

大阪シティアカデミー「脳活のための川柳」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

25日に開催の10月のぜりぃびぃんずは参加全9名。初参加の男性1名も加わって下さってうれしい限りです。目的地の慶沢園は天王寺公園の一角に佇む日本庭園でもともとは住友家本邸庭園だったところ。隣接する大阪市立美術館へは何回か行ったことはあったのに、この庭園のことはあまり意識したことがなかったのですが今回訪れてみると、すぐ近くに阿倍野ハルカスを眺めることのできる大阪ミナミの大都会の真ん中にこんなに静かな空間があったなんてほんとうに驚きました。

お天気に恵まれたことはラッキーだったのですが、ちょっと閉口したのは公園のあちらこちらに蚊が潜んでいて、ちょっと油断をすると身体の何か所も攻撃されてしまうので予防線を張りながらの庭園散策となりました。

約1時間半の吟行終了後は公園内のイタリアンレストランでランチ。人気のお店なのか、かなり順番待ちをしましたがパスタも食べ放題のパンもとても美味で大満足。天王寺公園は私自身はかなり久しぶりでしたが以前のイメージを一新した感あり、おしゃれな空間が生まれていることにもちょっとびっくり。

午後、会場の阿倍野区民センターに移動して勉強句会。吟行内容を元に1時間ほどで作句無制限で作った句の中からそれぞれ5句提出。提出された全45句の中からそれぞれ5句選び、講評、そして、その後は川柳に関する意見交換など終えて17時前に無事終了。〈赤い橋 現金チャージしてしまう〉は互選で点の入った内の私の一句。

(写真1枚目は慶沢園の南門、ここでチケットを買って入りました。2枚目は南門を入ったところで出逢った色とりどりの菊の花。3枚目は、北門を出て、大阪冬の陣では徳川家康の本陣になり大阪夏の陣では真田幸村の本陣となった「茶臼山の戦い」の舞台である茶臼山へ向かう赤い橋から写した河底池。ずっと先に大阪のシンボル・通天閣が見えます。その手前の茶色い建物は天王寺動物園の入り口かな)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K