Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム4月句会のご案内→2017年4月11日(火)18時~大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第4研修室にて。宿題「キャベツ」「ほんわか」「靡(なび)く」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。  出句各題3句。出句締切19時(印象吟のみ19時40分) 句会参加費800円

☆4月のぜりぃびぃんず:2017年4月24日(月)。午前10時00分に阪急梅田駅・紀伊国屋書店正面にあるBig Man前に集合後、梅田をぐるっと回る「うめぐるバス」(UMEGLE)に乗って梅田界隈をバスの車内から吟行します。途中でいったん降車し、与謝蕪村句碑の見学も予定。ランチを挟み、13時から大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第1会議室にて句会。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・川柳文学コロキュウム76号

26日(日)朝に76号を発送したのですが、皆様のとこ
ろへもそろそろ到着している頃でしょうか。ここしばらくどの号も遅れがちでしたが、今回はいつもより少し早めに発送することができてほっとしています。

クロネコさんに無理を言って早朝に集配してもらい一息ついた後、久し振りの参加となる天守閣句会へ。三月は川柳文学コロキュウムをスタートさせるために尽力下さった故久保田元紀さんを偲ぶ月でもありました。

この日は他にもたくさんの句会が重なっていたようですが参加は出席&投句合わせて39名。宿題「エレベーター」の選を仰せつかりました。こういう題は初めてで作句もさることながら選も難しい? と最初は思ったけれど、自分にはない発想の作品に触れることでうれしい刺激を頂戴することができました。

私の結果です:

半熟のたまごに油断してしまう       (互選「ぼんやり」)

あくびばかりする三月の箸袋            (同)

タラの芽がメジャーデビューを目指します    (宿題「雑詠」)

納得のゆくまで桜ひらかない            (同)

落書きも桜仕様に変えておく            (同)

駄菓子屋さんでいっぱい買ってきたココロ     (席題「心」)

ほんとうのこころは隠す春だから          (同)

ふんわりと心を抱いているランプ          (同)

エレベーターに乗るたび性格がブレる(宿題「エレベーター」軸吟)

・・・・・・・・・・

さて、翌27日のぜりぃびぃんずは参加main_pc全9名(吟行は10名だったのですが、ランチの後帰宅された1名あり)。梅田・グランフロント内のナレッジキャピタルにて企画展「InduSTORY~私たちの時代のモノづくり展」を見学・吟行。

インターネットが普及したことで個人では不可能だった3次元造形などのデジタブファブリケーションが身近になり、わたしたちひとり一人が「モノづくり」に参加者として様々なアイデアを社会に展開できる時代になったことから、この企画展で体験できる新しい〝モノづくり〟のstory(物語)がいかに既存のindustry(産業)の製造過程や設計概念に変革をもたらしこれからの私たちの暮らしや社会を変えていくのか、未来のヒントを探す、という主旨の催しです。

最初はとっつきにくい印象もあったのですが、中で体験するごとにどんどんそのおもしろさに嵌っていってしまった、というのはほぼメンバー全員の感想でした。今生きている時代がどんどん進化していることをひしひしと実感させられた吟行でもありました。やはりときどきはこういう新しい刺激を受けることも大いに必要ですよね。第3ビル地下でランチの後、第2ビルにある会場にて句会勉強会。互選から頂戴選へと進み、時間内に無事終了。〈変身ができたアーチをくぐったら〉は互選で点の入った私の一句。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K