Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム8月句会のご案内→2016年8月9日(火)18時~大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第4研修室にて。宿題「ぎざぎざ」「鳴(な)る」「罠(わな)」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。  出句各題3句。出句締切19時(印象吟のみ19時40分) 句会参加費800円

☆7月のぜりぃびぃんず:2016年8月29日(月)句会の前に納涼ランチ予定。集合時間と場所は後日発表(集合は午前11時20分くらいになる予定)。ランチを挟み、13時から句会・大阪市立総合生涯学習センター第1会議室

・・・・・・・・・・・・・・・・・

大阪の猛暑にまいってしまう今日この頃です。今日は午後からやっと提出物数点を完成させて宅配便、郵便局へと急いだあと、解放感に浸って車を走らせていたら突然の雨。ちょっぴり遠出しようとした買い物も急遽近くのスーパーに変更しました。レジを通ったところで外を見ると何と多分10分も経っていない間に外は豪雨と雷状態と化していて、道は川になりかけているし他のお客さんはほとんどの人が傘の用意がなく雨宿りしておられたけれどこちらはそうしてもおれずにドシャ降りの中をびしょびしょになりながら車に戻って帰宅するというハプニングがありました。でもそのおかげで少しは気温が下がってくれた気もするけれどどうでしょう・・・?

実は今日夕方、8月のぜりぃびぃんず納涼ランチに予定していたお店の予約をしようと電話してみると、なんとそのお店が8月27日で閉店することになっていて8月29日は受付できない(当然ですよね)ということを告げられ大ショック。25日に大丸から句会場へ向かう途中で話合って「ここがいいよね」と合意してもらっていただけに、どうしよう、と一人悩むこと半時間。その後ネットで見つけたお店は最初予定していたところとフロアは違えど同じ建物の中にあり、内容も似通ったところあり。営業中であることもちゃんと確認いたしました(笑)。ただ、やはり一度店内をみておきたいのと集合場所等も確認したいので、8月9日の川柳文学コロキュウム句会の前に立ち寄ってみることにしました。予約はその後に、と考えていますのでもうしばらくお待ち下さいますように。

さて、25日(月)のぜりぃびぃんずは参加全6名。大阪・梅田大丸ミュージアムで開催中の「ディズニープリンセスとアナと雪の女王展」の鑑賞・吟行でした。館内はすべて撮影禁止でしたが「ここだけは撮影OK」という場所でDSC_1436撮ったのがこの一枚。ちょっと子供向けなのかなぁ、なんて入る前は思ったものの、なんのなんの。中の展示は素晴らしく、ぜりぃびぃんずメンバー全員いつのまにか乙女に戻って夢を見させていただくことのできたすてきな時間でした。この8月15日までやっているそうですから興味のおありの方はぜひ観に行って下さい。大丸14階でランチを囲んだ後はいつものように大阪第2ビルに戻って句会。互選もおもしろい句が並んで選ぶのに苦労しました。〈銀色のティアラで過去は捨てました〉は互選で点の入った私の1句。

翌26日は久し振りの川柳天守閣句会へ。出先からかけつけたものの間に合うかどうかと心配しつつなんとかぎりぎりセーフ。席題を見ると「霊魂」という難しい題が出ていました。こんな題は初めてですが最近はどことも出題に一工夫こらしておられるようですね。ともかくも席題もがんばって作句するのみ、ということで私の結果は次の通りです:

古文書を繙いてゆく天の川        (宿題「天の川」)

追伸のかわりに置いた隙間家具      (互選「隙間」)

戒めてくれる真珠の首飾り        (宿題「雑詠」)

透明な傘潔白を主張する         (同)

たましいはある鯛焼きの尻尾にも     (席題「霊魂」

霊魂を閉じ込めておく姫鏡        (同)

カラオケの十八番に霊魂が宿る      (同)

そして29日は第2ビルにて日川協の常任幹事会。出席人数は確認しませんでしたが暑い夏は幾分少ないようです。それでも6月に全国大会の済んだばかりの松山の田辺進水さん、これから秋の国文祭に向けて準備中の愛知の鈴木順子さん他、大変な時期でお疲れだろうと思うのに、元気いっぱいの笑顔で参加しておられました。終わってからちょっとだけビールなどいただいて帰宅。

川柳文学コロキュウム74号の原稿依頼もようやくだいたいの目処がつき、もう既に届いた方、これからの方などありますがお暑い中、お盆を迎える時期でお忙しい中を恐縮ですがご協力どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K