Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム1月句会のご案内お昼の句会ですのでご注意下さい) → 2020年1月9日(木13時開場・大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第6研修室にて。宿題「忘れる」「庭」「こわい」「自由吟(赤松ますみ選)」、ほかに席題と印象吟あり。出句各題3句。出句締切14時10分(印象吟のみ14時50分) 披講・15時~  句会参加費800円

☆ぜりぃびぃんず吟行会・次回開催:2020年1月23日(木)10時45分に山王美術館(ホテルモントレグラスミア大阪22階)入口前に集合。「山王美術館開館10周年記念展ーコレクションで綴る華麗なる日本の美」を鑑賞・吟行後、ランチを挟み、難波市民学習センター(なんばOCAT 4階)第1会議室にて句会。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

令和二年が明けてはや5日、新年のご挨拶が大変遅くなりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。お正月は川柳から離れて割合のんびりと過ごすことができたのですが、ちょっと今直面している悩ましい一件あり・・・去年一年ずっと気になりながら時間的にも余裕がとれなかったWindows10への移行問題がいよいよ目の前にきて、ここ一週間ほどは頭の痛いことです。でも88号への投句も少しずつ届き始めていることだしなんとかのりきらなければなりません、がんばります。(右はこのお正月に箕面市内で撮影の一枚)

・・・・・・・・・・

さて、締切が十日後に迫った誌上大会のご案内です。私は「帰る」の選を担当させていただく予定です。たくさんのご応募をお待ちしていますのでよろしくお願いします。

第8回 卑弥呼の里誌上川柳大会

 佐賀県吉野ヶ里町から「川柳の輪を広げよう」という思いで下記のとおり誌上大会を実施します。皆様の御投句をお待ちしています。

 ★題と選者(各題2句)

「自由吟 」   德永 政二・森中惠美子  

「 箱  」   髙瀨 霜石・大西 泰世

「帰 る 」   黒川 孤遊・赤松ますみ

「ジンクス」   くんじろう・樋口由紀子  

「 裏  」   丸山  進・木本 朱夏  

投句用紙  専用用紙使用(コピー可)

参加費1,000円(切手不可)発表誌呈(4月初旬発送予定)

締切 令和2年1月15日(水)消印有効

投句先 〒842-0103 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町大曲2426-2 

卑弥呼の里川柳会 真島久美子 ℡・FAX 0952-52-1061

賞 各題特選、佳作5句それぞれに呈賞

 主催 卑弥呼の里川柳会



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K