Loading...Loading...

13日に書く予定のタイトルでした。そのとき書いたのが、すべて消えてしまいました。たまたま「塩」の課題の牛久川柳会会報が3月2日に宮嵜勇造氏から届きました。ので利用させていただきます。

「塩」

フランス革命が塩から始まったと言われてますが、昔から塩の値段は人間に進化をもたらしてきました。塩で経済が回っていたのでしょう。昭和になってからは安い調味料として漬物には無くてはなりませんね。コロナ禍

身近なのが「きわめ塩」です。

新春を塩で清めて迎えたい

まず葬儀帰りから家の入るとき、、商人の玄関の盛り塩、それに

大相撲の塩

塩蒔きに力士の美学見つけたり    祥子

大相撲勝ちたい願い塩をまく    すみれ

調味料としてまずご飯との縁は

好物は母が握った塩むすび     うめ子

米粒に感動感謝塩むすび       勇造

山海の珍味に勝る塩にぎり       均

保存食には欠かせない塩

食べた魚塩漬けばかり幼き日    うめ子 この魚は「うお」と読んでください。

世の中がどう変わろうと漬物だ    洋子 これは一文の訴えになっています。

鮭の涙よ甘塩の切り身食う       勇造  塩抜きしない食べて欲しい鮭。

泣いている新巻き鮭が塩抜かれ    洋子  下5を上5にしては?

塩抜かれ新巻鮭が哭いている  のほうが内容がわかりますね。

次の二句 青菜もおかゆも人間の比喩にして思い入れがあるいい句です。

塩減らし漬けた青菜が活かされず   あい子

ひと塩で七草がゆがしゃんとする    一夫

最近は健康志向の食品に塩分控えめがありますが

健康も吾の手の内塩加減       摩耶子

塩分はおかゆの上のゆかりだけ     祥子   梅干しも5%の塩では?ゆかりも控えめですね。我が家は20%です。塩たっぷりの赤紫蘇は梅がなくなっても残ります。それを干すゆかりです。ゆかりさまさまです。

盛り塩にいい句があります。

盛り塩に踵を返す破れ靴      英治

食品の塩以外の句

甘塩を振って社会へ送り出す    脩二

青春のシンボルだ塩吹いたシャツ  北朗

塩漬けの株価復活胸算用      すみえ かなり株でもうけられましたね。

犯行を塩漬けにした公文書  互選高点句でした。その公文書も記録にないのでしょう。安倍前総理の加計学園や桜を見る会の文書うやむやになってます。塩漬けだったのですね。

どこ見てる塩対応のお役人   容子

どこも見てないようです。自助、共助、公助で国民に助けてもらうのですから・・。  コロナ対策はしっかりしてもらいたいものです。

「自由吟」

蝋梅に寄り添う梅のいじらしさ    あい子

蝋梅が咲くと寄り添うように梅がきれいです。

穿ちの句2句

トイレ紙確保に一家狩り出され    北朗  こんなこともありました。お一人様一個しか買えませんですから、コロナ禍にドイツではスパゲッティの棚が売り切れだそうです。

カード社会おつり苦手な子が増える   祥子

さすが高点句から

14点  在宅に愛犬だけが嬉々とする   幸男

13点  顔を出すそれが土産と親は言う  脩二

コロナ禍に出るに出られないのです。

12点  干し柿を吊るしたままに逝った人   昭子

絵が見えてきます。さぞ美味しい干し柿が出来ましたでしょう。

9点句  枕もと切ない嘘で会話する     すみ江  病院ではよくあることですが・・・。

鮟鱇の釣られた顔と吊った顔    均    イベントになります鮟鱇は

次の2句でドラマが見えてきます。家を守る女性が元気になりました。

今日もいるどこか行けばと妻ぼやく  昭

長電話するには夫邪魔になる    幸男

7点句  筆運び誉められたのに朱で染まる  あい子

お習字の先生は朱書をしないと仕事が見えませんから。

得意料理もてなすときは味落ちる   容子

そんなものです。いただく方は初めてですから美味しく食べますからご心配なく。

コロナ禍の中みなさんいい句がたくさんありました。

2点句  跨線橋富士見スポット集う夕     うめ子

川柳は全部言ってしまわないことです。富士が見える跨線橋の事でしょうが、牛久の方しかわからない場所と思います。跨線橋だけならどこにでもありますから・・。

全部言うことは川柳をつまらなくしてしまいます。跨線橋、富士、スポット、集う、夕とワードも5ケに殖えましたので3語ぐらいにするとすっきるします。

添削①     富士を見る人が集まる跨線橋

添削②     跨線橋富士がきれいと友誘う

ではいかがでしょうか?  紀伊子



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K