Loading...Loading...

阪井久良伎翁によって江戸の顕彰行事の一つとして行われてきた「彰義隊川柳供養」を行います。
江戸を知ることは、川柳発祥の母体である江戸文化を身近に感じるチャンスです。上野公園の西郷さんの銅像のすぐ脇で行われます。

どうぞ、ご参加くださいませ。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

彰義隊川柳供養”にコメントをどうぞ

  1. ばいなりい on 2019年4月12日 at 6:09 PM :

    「靖国で睨み利かせる益次郎」

    総理も副総理も長州出身だから風当たりが強いのでしょうか。

    • 尾藤 川柳 on 2019年4月18日 at 6:20 PM :

      村田蔵六と名乗っていたころの益次郎さんが好きです。
      「花神」という大河ドラマは、人間形成において影響を受けた一つでした。
      偉くなって「大村益次郎」になってからもいいのですが、一途な生き方に憧れます。
      宗理も副総理も政党や椅子に一途になるのではなく、国家に一途であれば嬉しいのですが・・・。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K