Loading...Loading...

☆ 川柳文学コロキュウム10月句会のご案内→   kukai2.html
☆ 川柳文学コロキュウム10周年記念大会ご案内→ 10.pdf
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 秋晴れの日曜日、マウリッツハイス美術館展を観に神戸 市立博物館まで。フェルメールの真珠の耳飾りの少女の絵をお目当てに来館した人も多く、会場のこみ具合も半端ではありません。鑑賞しようにも両横隣にぶつかってくるバッグ、前後にぶつかるリュックがあったりで少少食傷気味。順路半ばに展示してあるその絵を「目の前で観たい方は並んで下さい、横目で見るだけでいい方は列を素通りして下さい」という案内係のアナウンスに笑ってしまいました。そうはいってもここまで来たからには、と覚悟を決めてけっこう長い列の中で辛抱強く待つことに。順が回ってきて真ん前でしばし独占させてもらった絵の中の少女の真摯な瞳同様、大粒の真珠が放つ鈍い光に強く惹きつけられました。やっぱり間近で観てよかった!!!

  午後からは博物館の近くにある神戸朝日ホールで開かれたシャンソンコンサートへ。講師の風かおるさんの教室のお弟子さん44名が出演された中のお一人である川柳仲間の方は声量もビジュアルもダントツに素晴らしくてすっかり魅了させられました。なんだか私まで鼻高々(笑)。客席から舞台で歌っておられる写真を撮ろうとしたのだけどライトの関係かうまく撮影できなかったのが残念。
  (写真は昼食を取ったお店の近くで見つけた可愛いハロウィンの飾り付け)。

  連休最終日の昨日は大阪・上本町で川柳塔まつりがありました。参加302名。毎年おじゃましているのですが、今回は来年のコロキュウム10周年記念大会チラシを配布させていただくべく、チラシの入ったどっしり重い紙袋をしっかり抱えて会場入り。新家完司さんの「川柳に表れた死生観」のお話も興味深いものでした。投句のほうは残念ながら呼名する機会が巡ってこなかったけど(笑)、全国各地から多彩な川柳作家が参加しておられて華やかな雰囲気に包まれ、それだけでも元気の「気」をいっぱいもらったように思います。懇親会ではいくらか飲み過ぎたかも、と反省。(最前列から撮った会が始まる前の一枚・・・ちょっと暗かったかな)

 

  



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

フェルメール&秋のシャンソン&川柳塔まつり”にコメントをどうぞ

  1. 進水 on 2012年10月10日 at 8:33 AM :

    フェルメールには11月7日にツアーで行くようにしています。
    覚悟をして行くようにします。情報をありがとうございました。

    • 赤松ますみ on 2012年10月10日 at 11:34 PM :

      進水さま
      私が出かけたのはちょうど連休の中日だったのでよけい混んでいたのでしょう。
      ちょうど午後からの目的地が近かったのでこんな機会に行かないとなかなか日が取れないと思い、混雑は覚悟して行ったのですが、予想以上のあまりの混みように他の絵もゆっくり観る余裕がなくってなんだか惜しいことをした気がしました(笑)。
      でもお出掛けになる11月7日は平日のようなのでそんなことはないと思います。お天気でありますように。いい旅行になるといいですね!

  2. てじま晩秋 on 2012年10月10日 at 8:42 AM :

    フェルメール、今夏僕も上野・東京美術館で観ました。「真珠の耳飾りの少女」…素晴らしかったですよね。北のモナリザの触れ込み通りでした。(モナリザは観たことありませんが)

    • 赤松ますみ on 2012年10月10日 at 11:47 PM :

      晩秋さま
      上野でご覧になったのですね。やっぱりたくさん来られていたのでしょうね。
      神戸では関西以外からの来館者もたくさんおられたようです。やっぱり直に観ると素晴らしかった!

      モナリザの絵もそんなに大きなものではなく、ルーブル博物館の壁であっけないほど身近な場所に飾られていました。
      そんなに混んだ館内でなかったから、真珠の耳飾りの少女よりはたっぷり時間をとって鑑賞できました。
      でも私はやっぱりどちらかというとフェルメールのほうにより惹かれるかな・・・。

      そうそう、川柳明日香誌にコロキュウム10周年記念大会案内を掲載下さってありがとうございました。
      私も今夕やっと今編集中の柳誌の大会案内ページを完成させることができて一息ついたところです、今回は特に多くって配置に苦労しました!
      来年1月31日締切の川柳・明日香創刊18周年記念全国誌上大会ご案内ももちろん掲載させていただきましたのでご安心を(笑)。

      • てじま晩秋 on 2012年10月11日 at 3:40 PM :

        ありがとうございます。
        「モナリザ」より「真珠の耳飾りの少女」の方に惹かれる…と両方、観られたますみさんのフレーズに上野の森に行って良かったと瞑想。

  3. 牧野芳光 on 2012年10月10日 at 9:37 AM :

    川柳塔まつりではお世話になりました。また、合同句集ではご迷惑をおかけしました。
    私の友達に、フェルメールの全作品を見たいという人がいますが、多分この展覧会にも行くことでしょう。

    • 赤松ますみ on 2012年10月10日 at 11:53 PM :

      芳光さま
      川柳塔まつりではこちらこそありがとうございました。
      選者さんの大役、おつかれさまでした。
      句集原稿も無事受け取ることができてやっと安心できました(笑)。

      神戸ではフェルメールのは真珠の耳飾りの少女の絵を含めて2点くらいしか観られなかったような。
      他に出展されている中にもいい絵がたくさんあったけどともかく大変な混み具合だったのでじっくり鑑賞できなかったのが残念。
      お友達には土日祝でなく、是非平日に出かけられるようにおすすめくださいね。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K