Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム11月句会のご案内→2018年11月15日(木)17時50分開場・大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第7研修室にて。宿題「いびつ」「モノクロ」「耐(た)える」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。  出句各題3句。出句締切18時50分(印象吟のみ19時30分) 句会参加費800円

☆11月のぜりぃびぃんず:11月29日(木)10時に阪急電車中津駅の改札出口2に集合後、徒歩で3分ほどの場所にある南蛮文化館にて鑑賞・吟行。ランチを挟み、大阪総合生涯学習センター第3会議室にて句会勉強会。

★お詫び:11月のぜりぃびぃんずの予定を先日配付の会報に間違って記載していたようです。正しくは上記の通り、11月29日(木)ですのでよろしくお願いします。

・・・・・・

☆カルチャー教室のご案内

JEUGIAカルチャーセンターイオン洛南「はじめての川柳教室」

アゼリアカルチャーカレッジ「木曜日のしあわせ川柳」

塚口カルチャーセンター「たのしい川柳」

大阪シティアカデミー「脳活のための川柳」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文化の日を含む3日間を静岡県で過ごしました。まず2日(金)、塚口カルチャーセンターの午後からの川柳講座終了後、新大阪に急ぎ夕方発のひかり号で大会開催地の浜松まで。ところが発車してまもなく、京都駅に着く手前あたりで車内が急に停電。「近畿地方で発生した地震の影響で」というアナウンスがあるだけで客席はざわつきましたが、幸いにも10分遅れぐらいで走り出したのでほっと胸を撫で下ろしました。スマホでは和歌山と徳島で震度4の地震という報が出ていましたが皆さま大丈夫だったでしょうか。

まあともかく予定より少し遅れて浜松駅に着き駅近くに予約していた宿泊地へ、そして計画して下さっていた仲間内のプチ前夜祭に加えてもらって、久しぶりにお会いする静岡、山梨、佐賀、東京、他からの方たちとの楽しい時間。飲んで食べて喋っての後、締めは浜松ラーメン、ということで翌日の本大会に向かって気炎(?)をあげながら解散。

さて3日に浜松アクトシティー・コングレスセンターで行われた大会は当日参加178名、欠席投句209名、計387名の参加。会場へ着くとすぐに選者室へ案内され、既にテーブルに用意された欠席投句の句箋と格闘開始。そうしているうちに当日投句の句箋も届きはじめます。かなりタイトな時間の中で選がようやく終了、さあお弁当を、と思う間もなく二次選が始まり(この日は一次選者が二次選者も兼ねていました)、ばたばたしているうちに「間もなく始まります」とのアナウンス。実は私はこの日、選と講演という二つのお役を仰せつかっていたのでいつもの調子でとろとろしていると間に合わなかったのですね。選者室では接待係の方がめずらしい「すすり茶」というお茶の楽しみ方を教えて下さって(六煎まであるとか)、最後にはソースをかけてお茶を味わうということだったのですが、最初と最後以外はあまりゆっくりと味わえなかったのが少々残念でした。

講演は当初「川柳とわたし」というタイトルでしたが詳しくは「川柳と静岡とわたし」という内容になることを冒頭でお伝えし、大変お世話になった静岡たかね川柳会の元会長・故加藤鰹さんのこと、また私が川柳で今最も魅力を感じている印象吟は16~17年前の静岡市民川柳大会での出合いが原点にあること等々を盛り込みながらのお話になりました。

講演終了後は披講開始。私は「褒める」の選の担当だったのですが、実は軸吟も要るだろうと、一句用意していたのに選者室にて「軸吟」は不要だと聞かされおもわず「ガクッ」(笑)。他の題へは選者も投句できるとのことなので、こちらのほうも私なりに努力したけれど呼名の機会は巡らず残念でした。でもそんなことよりもうれしかったのは私の選んだ特選句が3句とも二次選でも見事に高得点となり、それぞれ壇上で表彰されたことでした。全体の表彰句は写真で見ていただくとして「褒める」の特選句3句をご紹介します。

褒められた日から迷ってばかりいる    鮎川 弘子    (静岡県知事賞)

褒め合っているから海が凪いでいる    真島久美子 (静岡県文化協会長賞)

雨の日のピアノ涙が止まらない      朝岡えりか (静岡県川柳協会長賞)

ちなみに従来の静岡県大会は合点制で順位を決定していたのが、今回は全日本大会のプレということで合点制はなく、それぞれの特選句が二次選の対象になりました。

大会当日も浜松泊、翌4日は静岡たかね川柳会のTさんとIさんの案内で静岡市郊外にある秘在寺へ。ここには平成28年1月25日に51歳の若さでお亡くなりになった加藤鰹さんの句碑「十八の僕がハチ公前にいる」があり、これまで訪れる機会のなかった私は、せっかく近くまで来ているのだからとお二人に無理をお願いして車を出していただいたのです。秘在寺の近くにお住まいの、コロキュウム会員でもある望月 弘さんも現地で合流してご一緒に。鰹さんの句碑の向かって右に写っているのは弘さんの句碑「山菜と地酒と妻の母がいる」なのですが、その周りにも私もお名前を存じ上げているたかね川柳会の方達の名の入った句碑がいくつもあり、これなら鰹さんもきっと寂しくはないだろうなあ、とちょぴり安堵、そして羨ましく感じたことです。

 

 

 

 

句碑を後にした後は、11月1日から4日まで静岡市で開かれていた大道芸ワールドカップin静岡へ。その中でも鰹さんがファンだったという加納真美(左の写真)さ んという方の大道芸をどうしても見せてあげたい、と言って下さるIさんにいろいろ解説していただきながら3組の出場者の演技を鑑賞。写真のような会場が市内に何か所も設けてあり観客も参加する場面もあったりして皆さんが楽しんでおられる様子が伝わってくるわくわくする時間でした。

ホテルの部屋でにわか作成のてるてる坊主を吊して下さっていたというTさんの心が通じたのか、心配していた雨もプログラムのフィナーレあたりでほんのちょぴりパラパラする程度でこれもご愛敬ということにして最後は静岡駅まで送っていただき、ひかり号で無事帰阪。懐かしくそして楽しかった浜松、静岡での3日間でした。

お世話になったたくさんの皆さま、ありがとうございました。皆さまのパワーを頂き、わたくしのこれからの川柳もまたがんばれそうな気がしています。

(写真上から、新幹線浜松駅に展示されていた優美なYAMAHAピアノ。2枚目は大会表彰者の記念撮影。3枚目は静岡県知事賞をトップに表彰の対象となった作品10句。4枚目は秘在寺にて。5枚目と6枚目は静岡市内での大道芸。7枚目は4日のランチ時にいただいた生まれて初めての「鰻の刺し身」、美味でした。最後の一枚はそのお店にたくさん飾られていた可愛らしいミニチュアの一点から)

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

全日本川柳浜松プレ大会・第52回静岡県川柳大会”にコメントをどうぞ

  1. なごみ なごみ on 2018年11月5日 at 6:23 PM :

    静岡プレ大会ご参加お疲れさまでした、お久しぶりにお会いできてとってもうれしかったです。ますみさんの講演、”川柳と静岡とわたし”と前置きして、鰹さんとの出会いや印象吟にはまったことなど、興味深くお聞きしました。とても分かりやすく前のめりでお聞きしました。そういえば最初ますみさんとお会いしたのは、土肥温泉での花火大会記念句会のとき、同じ部屋でのお泊りや、大きい壺を鰹さんが座敷にもちだし、懸命に作句しましたね、わたしも初の経験でした。今回も同じホテル泊りで、ラーメンの締めで楽しく懇談できたこと思い出になります。今回はご一緒した弘子さんがトップになりしかもますみ選、帰路も大いにもりあがり帰甲しました。ほんとうに自分のことのように興奮しちゃいました。楽しい思い出をありがとうございました。

  2. 赤松 ますみ 赤松 ますみ on 2018年11月5日 at 7:12 PM :

    なごみさん
    こちらこそありがとうございました。
    おつかれさまでした。
    Tさんから頂戴した表彰者の記念撮影写真をアップしたはずだったのに
    訂正とかで触っているうちに消えてしまっていたみたいで、さきほど
    アップしなおしました。
    それにしても鮎川弘子さんの快挙、すごかったですね。
    私もとてもうれしかったです。
    弘子さんだけでなく、いつも仲良くしてくださっている川柳仲間が
    この写真の中にたくさん写っていて、感激もひとしおです。
    またお会いできますように。今後ともよろしくお願いします。

  3. 鈴木 順子 鈴木 順子 on 2018年11月7日 at 4:59 AM :

    ますみさん、
    3日には静岡大会出席を予定していたんですが、急用で欠席になりました。
    出席してたなら久し振りに なごみさんに会えたんだと・・シュンです。
    実は私は、大会会場となったホテルの4階で、今年の3月まで「中日文化センター川柳講座」(3月末で撤退しました)、4月からは8階で「NHKカルチャー 川柳講座」通いを月2回していて、やがて8年になります。
    講座受講生に、こんな機会はめったにないから出席を勧めました。
    浅岡えりかさん、神谷侓子さん、講座受講生です。嬉しいです。8日の教室で喜びます。
    鮎川弘子さんも信ちゃんを通じて顔なじみです。なごみさんのバラの花にはいつも癒されています。
    出席してたなら私も、大会の後にしずおかと山梨の柳友の仲間に入れてもらって遊べれたのに・・、残念無念!

    • なごみ なごみ on 2018年11月7日 at 9:18 AM :

      順子さ~ん浜松ではきっとご参加だと思ってましたのに会場をなんども見回しても見えずガッカリでしたよん。ミニ前夜祭もとっても楽しかったわ、締めは浜松ラーメンでしたがこれがさっぱり塩味でおいしかったよ~

      大会でのいろんな工夫も感心したよ、
      私の興味はパワポイントでプロジェクターでのスクリーン投影でした、いつか山梨でも・・・と思ってます。
      当日は弘子さんがトップになり帰路はおおいに盛り上がり帰宅しました。
      大会は柳友さんとお会いできるのがなにより楽しみだわ。こんどはいつ順子さんにお会いできるかしら?

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K