Loading...Loading...

早いもので、三柳が身罷ってもうすぐ丸二年。
お寺の都合でひと月ほど早い三回忌となったが、三柳を直接知る「弟子」が集い、ささやかな三回忌を営んだ。
あらためて「三柳」という川柳家の大きさを思わせられる話が多く聞かれ、嬉しくもあり、また喪失感を深くする時間でもあった。
読経、墓参、直来というありきたりな行事の中に、それぞれが「献句」を行った。
まな裏にまだありし日の師の後光     祐 子
三回忌つどうメダカの苦笑い       ヨシ江
三柳忌皆あたたかい恩を酌む       早 苗
虫の音もせつなき覚ゆ三回忌       寿 子
三回忌三柳ロスが終わらない       佳 代
夢の中師から今でも叱られる       幸 子
鬼の子は鬼だと知った三回忌        栄
師の恩へ語りつくせぬ海がある      穂 花
川柳の社会発信いのちがけ        一 章
天上の龍論愉しむ紅やなぎ        一 穂
三柳忌まだまだ声の威力あり       わさ美
足跡のひとつひとつにあるこぶし     川 柳
それぞれに師との距離感がにじむ。
東天紅五階からは、三柳が愛した上野、不忍池が一望され、正面に東京スカイツリーが屹立する。残してきた弟子にどんな思いかは判らないが、献句をみながら眉を曇らせたのか苦笑いしたものか・・・。
いずれにせよ、三柳の教えを守り、継承し、発展させることが残されたものの役割。
乾杯の後、課題が示され句箋が配られると、一同川柳の鬼に…。三柳の血は継がれていると感じた。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

尾藤三柳三回忌”にコメントをどうぞ

  1. たむら あきこ たむら あきこ on 2018年9月18日 at 9:38 AM :

    和歌山からも、合掌。
    23日の川柳忌に参ります、どうぞよろしく。

  2. 尾藤 川柳 尾藤 川柳 on 2018年9月18日 at 1:55 PM :

    こんにちは。
    川柳忌へのご来駕、嬉しく存じます。
    お時間がございましたら、終了後「お江戸」の川柳を御案内いたしましょう。
    お目にかかれるのを楽しみにいたしております。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K