Loading...Loading...

  国民文化祭川柳大会が昨日6日、京都・井手町で開催されました。天気予報ではこの日曜日に限って雨マークが出ていて気がかりだったけど、ほんのぱらぱらする程度におさまってよかったです。昨年のプレ大会と同じ会場の中学校の体育館には人・人・人…それもそのはず、当日参加者はなんと911名とのことでした。今までこんな大人数の大会は経験したことがありません。2年前から準備を進めてきておられた京都の実行委員会スタッフの方々はさぞ大変なご苦労だったろうと思います。ともかくも大盛会、おめでとうございました。(写真は会場のすぐ傍にある、秋の風情に染まった玉川を山吹橋という橋から写したもの)       
  さて、私の成績ですが、事前投句は全没。まあこれだけの人数なんだし、と当日投句もあきらめかけていたけどなんとか2句入選。
     スイートピクルス 争いはもうジ・エンド   (当日課題  「野 菜」)
     スイッチを切ったらにんげんになった    (  同    「スイッチ」)
  終わった後に開かれた交流会会場はJR京都駅前の京都センチュリーホテル。定員が200名、とあったからたぶんそれくらいの参加数だったでしょうか。ともかく、大会、交流会と、全国各地の柳人との初対面や再会あり、実り多い1日となりました。みなさまおつかれさまでした。

  ところで、明日8日は川柳文学コロキュウムの11月句会です。場所は鳥取県関西本部交流室(大阪駅前第3ビル22階)にて。開場は18時。宿題「うっとり」「列(れつ)」「ためらう」「自由吟」の他、席題あり。また次回入選発表となる印象吟の席題もあります。詳しくはkukai.htmlをご覧下さい。ご参加お待ちしています。

  
                       



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K