Loading...Loading...

夕焼けの中屠牛場牛牛牛牛牛牛牛牛牛牛   半文銭
牛を十頭重ねている。屠殺場でひしめいている死を表現しようとしたのである。句の裏には戦争に狩り出された人間の姿、そして死につながっていることを描こうとしたのである。と斎藤大雄先生は「川柳ポケット事典」で述べている。

半文銭の句には重ねことばが多い。
手、手、手、手、無用の御ン手  半文銭
水水水と笑止千万  半文銭
川上三太郎には
恐山 石石石石 死死死   三太郎
現代川柳では次の句が限度であろうか。
何となく人人人のうららかさ  星文洞
「人」を三つ重ねて群衆や多勢の人間を表している。人が三個あるから三人というわけではないのである。

おそるおそるおそるおそるに三分粥   乱魚

子のにおいうすれうすれてゆく乳房   英子

雪しんしんひとり未遂の罪育つ    新子

ノンカロリーのコーラごくごく    良平  七・七句「風」より

出て行けと言えば出て行きそうで堪え  光柳 「きやり合同句集」より

くたくたに帯が疲れる三が日     紀伊子



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K