Loading...Loading...

永い年月接客を続けて来た人は実に卒が無い。物腰が柔らかで、微笑も忘れない。

だが、ある時ふと気が付けば、何だか虚しい自分を鏡でみて、若干の寂しさを禁じ得ない。一方でその仕草のお蔭で数々あった修羅場をすり抜けて来たことも事実である。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K