Loading...Loading...

 私は栃木県の壬生町というところで生まれ、現在も住んでいる。
 壬生という地名の語源を調べると、古代の氏族制に関係があり、「乳部」(にゅうぶ)から転訛したものであるということらしい。「乳部」とは、古代において皇子の養育料を出す部をさすということのようだ。乳という字からすると、「乳母」(うば・めのと)が皇子に授乳していたのかもしれない(これは勝手な私の推測)。なお、氏族制に関係するものとしては他に服部というのがある。
 「にゅうぶ(nyuubu)」が「みぶ(mibu)」に転訛したとなると、子音のnがmに変化した訳であるが、nとmの発音の違いは、口を結ぶか結ばないかぐらいの程度のものなので容易に聞き間違いの混同があったことだろう。
 京都にも新撰組の屯所があった壬生というところがあり、同じ由来なのかもしれない。乳部は「ちちぶ」とも読めるので埼玉県の秩父とも関係があるかと考えたが、秩父のもともとの表記は「乳生」から来たということらしいので、壬生とは関係なさそうである。愛媛県に壬生川(にゅうがわ)という町があった(現在は東予市)。これも壬生に関係しているかと調べたら、もともとは丹生川と表記していたとのことなので、残念ながらこれも関係なかった。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K