Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム2月句会のご案内→2018年2月15日(木)18時~大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第3研修室にて。宿題「ハード」「群(む)れる」「てんやわんや」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。  出句各題3句。出句締切18時50分(印象吟のみ19時30分) 句会参加費800円

(↑出句締切が従来より10分早くなりましたのでご注意下さい。また、会場は17時45分には開きますのでご都合のつく方はお早めにお越し下さってもOKです)

☆2018年2月のぜりぃびぃんず:日時 2月27日(火)※この日は会場となる第3会議室のほぼ真向かいにあるギャラリーAとギャラリーBでそれぞれ写真展と絵画展が開かれてており、今回はこれらの作品の鑑賞・吟行会、そして勉強会と致します。各自お昼を済ませてから11時45分頃にギャラリー周辺へお越し下さい。1時間前後鑑賞してから12時45分過ぎに第3会議室に集合して下さい。

★☆★川柳文学コロキュウム創立15周年記念全国誌上川柳大会のご案内

※ ↓ 3月10日の投句締切日が迫って参りましたのでお急ぎ下さい)↓

川柳文学コロキュウム 創立15周年記念誌上川柳大会(←クリックして下さい)

☆カルチャー教室のご案内

JEUGIAカルチャーセンターイオン洛南「はじめての川柳教室」(←新講座)

コープカルチャー大阪北「やさしい川柳」(←新講座)

アゼリアカルチャーカレッジ「木曜日のしあわせ川柳」

塚口カルチャーセンター「たのしい川柳」

大阪シティアカデミー「脳活のための川柳」

・・・・・・・・・・・・

今日は標記句会参加のため京都まで。京都市営地下鉄・丸太町駅下車すぐの会場の一階ロビーでは可愛らしいお雛さまが出迎えてくれました。周囲にローブが張ってあったのを避けようとして上部からの撮影角度になってしまいましたが、今年初めてお目にかかった雛飾りにおもわずほっこりさせられました。

さて記念句会には出席70名、投句21名、計91名の参加あり。宿題は動詞ばかりの題が8題とちょぴり多め、そして選者は全員の投句が終了した後に抽選で担当する題が決まる、という形式をとっているのも草原の記念大会の特徴の一つ。途中でしばらくの休憩を挟み、刺激的な作品群の披講に耳を傾けながら16時30分頃に無事終了。

私の結果です:

お互いの影を黙って数え合う        (宿題「数える」)

草書体のふみが握っているマル秘      (宿題「握る」)

蓮根の節を握っていたらしい         (同)

ガトーショコラが重なり合っている扉    (宿題「重なる」)

助っ人を増やそう義理チョコを配る     (宿題「助ける」)

軌道修正ふっきれましたわだかまり     (宿題「捨てる」)

羽化できるときまで灰汁抜きが続く     (宿題「続ける」)

足踏みが続く二月の噴水よ          (同)

・・・・・・・

川柳マガジン「超結社!誌上句会」の選と選評は12日夜にメール添付でマガジン編集部へ送信済み。卑弥呼の里誌上川柳大会「果物」は一昨日選が完了、あとは選評と軸吟を残すのみとなりました。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K