Loading...Loading...

こんにちは、猛烈な眠気におそわれてブログに逃げてきた東京のタケです。
あー仮眠したい、仮眠したい、仮眠したい(-_-)

はるらんまん
10数年ぶりに母校に行ってきました。
あまりにも変わりすぎた、ピカピカの校舎を見上げて
「ホヘェ」と、思わず声が出てしまいました。

1Fの小教室の前に看板を立てて、勝手に部室にしていました。
窓際に腰掛けて、外を闊歩するお洒落な女の子たちを眺めながら
毎日、山登りや川下りのことを考えていました。

思い出だらけの私たちの「3棟」は瓦礫の山と化していました。
1年もしないうちに、また新しい校舎が生まれるのでしょう。
面影のほとんどない構内をひとまわりする間、
脳内にはサザンの「YaYa」がずっと流れていました(古い

浮き草は浮き草なりの花が咲き   中島生々庵

生々庵先生のようにはいきませんが、
いつか小さくても花が咲きますよう、引き続き頑張ります(^^)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

こんばんは。 今日、某先生にお電話で名乗るとき、「川柳マガジンのタケラッタです」と カミカミで留守電にメッセージを入れてしまった、東京のタケラッタです。 O次郎かよ! というツッコミ待ちです↑ 決して...「頑張ってゐる。」の続きを読む
桜ちりゆく巣鴨から、こんばんは。 もともと鈍感ということもありますが、 「わあ、きれい」といった表面的なものだけではなく、 お腹の中に落とし込んで桜を感じられるようになったのは、 すっかり大人になって...「あれから。」の続きを読む
こんばんは。 今日は、群馬県太田市で開催された、太平記の里全国川柳大会にお邪魔しました。 「北千住」という駅から東武線の特急「りょうもう」号に乗り、約1時間で「太田」駅に着きます。この時間を楽しむべく...「花と鳥。」の続きを読む
十五世・脇屋川柳先生が、3月31日に逝去されました。行年90歳。 4月7日、ご家族による密葬が執り行われたそうです。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。              川柳マガジ...「訃報」の続きを読む
こんにちは。 「おもろないブログばっかアップしてるからやで」という 皮肉たっぷりのS編集長の声で昨晩うなされた、東京のタケです。 大好きな花で、お口直し(?)をさせてください 辛夷や木蓮が昔から好き...「春ですね。」の続きを読む
いつも川柳ブログをご閲覧頂き、ありがとうございます。 さて、川柳マガジン編集部のT先輩が笑いながら、 「ポン、こわれてるんじゃない?        全然押されないんだけど」 と、Web編集部になんだか...「お優しい方、ポンをお願いします!」の続きを読む
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K