Loading...Loading...

新葉館出版の川柳ブログがはじまったのだ!
川柳ブログは、話題の川柳作家のブログなのだ!

現在は、斎藤大雄先生、太田紀伊子先生、新家完司先生のお三方のブログが立ち上がっているのだ!
有名川柳作家とのコミュニケーションがとれるかも、しれないのだ!

http://shinyokan.ne.jp/blog/

もちろん、今後どんどん増えていくのだ!
お楽しみ、なのだ!

————————————-

あと、お詫びが・・・。
川柳なんでもかんでも相談室を放置状態にしていたため、収拾不可能状態にまで荒らされてしまい、過去のログを削除せざるをえなくなりました。
ご活用くださっていた皆様、誠に申し訳ございません。
今後は荒らされないよう努めますので、今まで以上にご活用くださいますよう、お願いいたします。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

以前、取材先である川柳作家と口論になった。相手はかなりお酒が入っていて、遠慮なしの言いたい放題。 はじめは冷静に聞いたり、流したりしていたが、相手が「それを言っちゃーおしまいよ」の部分に踏み込んできた...「お酒に強くなる方法?」の続きを読む
という映画がある。 100日間で100万人のツチの人々が、同じ国に暮らすフツの人々に虐殺されたという94年のルワンダ内戦を描いたもの。 そのあまりの事実に、今でも映画のことを思い出すと、息が詰まる。そ...「ホテル・ルワンダ」の続きを読む
靴下のカカトが破れていることに今気づきました。 朝から破れていたのか、就業中に破れたのか、サッパリわかりません。 社内では足が疲れるのでスリッパに履き替えますが、面倒なのでたまに靴下のまま社内をウロウ...「ガーン…。」の続きを読む
《道をきくいい人相が見あたらず 岸本水府》 川柳六大家の一人、水府(明治25~昭和40年)の作品。方向音痴である私の信条は「迷いそうになったら、とにかく地元の人に道をきく」こと。カンで動いてトンチンカ...「目指せ、いい人相」の続きを読む
第3回川柳マガジンクラブ東京句会が終わりました。きびしい残暑の中、ご参加いただいた皆様にはこの場を借りて心よりお礼申し上げます。 前回指摘された、会場の天井が高くて声が届きにくいという音響設備の課題は...「第3回川柳マガジンクラブ東京句会」の続きを読む
 あるブログに「気持ちの悪いことを書かれているよ」と、何人かに言われた。 かなり本気になって、ここら当たりを探ってみるが、その「気持ち悪い」は見あたらない。見つけられないだけに、かなり気になる。  し...「新しき時代の到来!? 今、ネットが古い!」の続きを読む
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K