Loading...Loading...

 ファイル 228-1.jpg東京支社の近所に気になる猫たちがいる。
会社から徒歩5分のところにある庭園・六義園付近を根城にしている「ヤマト」。会社の目の前の植えこみに出没する「ブチ」「ミケ」「トラ」。そして、会社近くのラーメン屋あたりに住む「タンゴ」。
ヤマトとタンゴは、単純に黒猫だから。ブチ、ミケ、トラもそのまんまの由来である。飼っているわけでも、餌を与えるわけでもないのに、通りかかるたびに彼らの姿を探してしまう。

去年、足に大怪我して瀕死の重傷だったヤマト。久々に見たら元気そうで安心した。猫だから当たり前なのだが、彼はブチたちのようにエサを分け合ったりはしない。六義園のボス然とした孤高のオーラが漂い、植え込みの上にじっと座って微動だにしない。

写真はその時のショット。刺すような視線で睨みつけている。襲いかかってくることも、逃げることもせず、ただひたすらこっちをじーっと見ている。正真正銘の野良猫の目だ。

先を急いでいたことも忘れ、その目に圧倒されてしばらくその場から動けなかった。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

中学生の頃に格言にはまりまして。様々な格言集を読み漁りましたが、悲しいかな読んだ内容は殆ど忘却の彼方へと旅立ってしまいました。ただ現在も唯一、いまだに覚えているフレーズがあります。 ゲーテ格言集の中の...「我思う、ゆえに我在りとデカルトは言った。」の続きを読む
 玄関に花を置いてから、どのくらい経っただろうか。支社は相変わらず、変化なし。 そこはさすが(?)の東京チーム、しつこいのか、忍耐力がないのか、今回また花を投入することにした。 見るからに「私はハナ!...「玄関に花を作戦 その後」の続きを読む
「川柳には癖がでる。だから披講のとき、呼名する前に誰の作品かわかるよ」と、ある席で川柳家数名とこの話題で盛り上がった。記者からこのようなことを聞かされていたが、まさかと思い、マガサン片手に、氏が知って...「知らず知らずに出る、癖」の続きを読む
突然だが、支社の一部を模様がえした。スタッフの一人が「玄関に花を置くと良いらしい」というので、モノで埋まっていた玄関を片づけ、近所の花屋から大量のマリーゴールドを仕入れた。 一週間が経過し・・・とくに...「模様がえ」の続きを読む
もと同僚が、ある川柳大会に出席していたと、取材先の記者から報告が入った。その同僚の名前を聞いたとき、センマガ創刊前のことが走馬燈のように私の脳裏を駆けめぐった。 「川柳が嫌になった。だから川柳以外で自...「義を持たぬ獅子身中の虫」の続きを読む
 写真は大会取材に欠かせない相棒。この子で2号機になる。1号機はふた回りも小さくてほとんど本が入らず、しかも、使い込みすぎて片方の車輪が外れてしまった。 これらのキャリーバッグを活用する前は、登山用の...「相棒」の続きを読む
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K