Loading...Loading...

某川柳大会で、いちばん高く評価された受賞作品に
どうしても納得がいかず、

「これは川柳じゃない!」と憤慨し、
この句を評価する川柳界に失望し、
川柳そのものにも失望し、
ついには、川柳作家を辞めてしまった方がいる
と聞き、驚いた。

実際、今年よく耳にした句であった。
作品の評価が分かれるのは当然のこと。
ただ、この句が他人の作家生命に影響を与えるまで
話題になっているとは、思いもよらなかった。

その話をしてくれた方は、
「わたしならこう作る」と上五を下五に置き換え、
助詞を変え、推敲した句を見せてくれた。
曰く「この方が文法的に正しい」。

センマガという土俵を提供する側として、
川柳作品について云々いえる立場ではない。
ただ、多くの川柳作家に、受賞句とその方の句を
読み比べてもらったらどうなるだろう、
という興味は持っている。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

★今年も残すところ僅かとなりました。ここ数日は営業で都内の書店を渡り歩いています。慌ただしい時期も手伝ってか書店員の忙しさもピークを迎えているようです。対応も厳しかったりなんかして…。年末年始は本を読...「師走!」の続きを読む
今年ももうあとちょうど2週間、というのになんだかそんな気がまったくしないほど編集部は殺気に溢れている。まだまだ年も明けたばかり、なんて雰囲気だ。 「今年も無事生き延びられたことをよしとしたいと思います...「超超蝶々おいこみだあ」の続きを読む
下で温かいコメントをいただきましたが、センマガ大会をとりあげていただいたブログは、まだまだあります。 http://blog.livedoor.jp/honamikp61/ 「第一回川柳マガジン大会に...「センマガ大会ブログまだまだあるよ☆」の続きを読む
  わが社の愛すべき相棒たち熱帯魚。今はなき、オトシンさん。(マガさんだけでなく 魚もさんづけ)ペアなのか、仲良く並んでます。そして、和風のスッポンさん。来た当初は「やんのかコラァ」という目ですごま...「きみはペット」の続きを読む
一通のお便りをもらった。センマガ大会がデビューだったという女性からだ。うれし~のだぁ!(わんしくん調) その方のBlogに、センマガ大会の日記があった。センマガ誌上でたまにやっている企画に、「センマガ...「「はじめての大会」がWebで公開!?」の続きを読む
★大会からはやいもので一週間…。袖を引かれるおもいで後にした故郷の地新潟は、今や大雪と聞き及び、その情景を思い浮かべると懐かしさとともに大変さが偲ばれます。★新潟柳都の皆さんはじめ全国から来ていただい...「余韻嫋々」の続きを読む
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K