Loading...Loading...

 ファイル 219-1.jpg玄関に花を置いてから、どのくらい経っただろうか。支社は相変わらず、変化なし。

そこはさすが(?)の東京チーム、しつこいのか、忍耐力がないのか、今回また花を投入することにした。

見るからに「私はハナ!」と自己主張するガーベラ。
そして、うっかり名前を忘れたが、仏塔みたいなかたちをして、上へ上へと伸びる紫色の花が仲間に加わった。うーん、ますます華やかに(玄関だけ)。

ゴールデンウィークも走り去り、いよいよセンマガ週間である。さぁ今度こそ効果はあるのか、乞うご期待。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

「川柳には癖がでる。だから披講のとき、呼名する前に誰の作品かわかるよ」と、ある席で川柳家数名とこの話題で盛り上がった。記者からこのようなことを聞かされていたが、まさかと思い、マガサン片手に、氏が知って...「知らず知らずに出る、癖」の続きを読む
突然だが、支社の一部を模様がえした。スタッフの一人が「玄関に花を置くと良いらしい」というので、モノで埋まっていた玄関を片づけ、近所の花屋から大量のマリーゴールドを仕入れた。 一週間が経過し・・・とくに...「模様がえ」の続きを読む
もと同僚が、ある川柳大会に出席していたと、取材先の記者から報告が入った。その同僚の名前を聞いたとき、センマガ創刊前のことが走馬燈のように私の脳裏を駆けめぐった。 「川柳が嫌になった。だから川柳以外で自...「義を持たぬ獅子身中の虫」の続きを読む
 写真は大会取材に欠かせない相棒。この子で2号機になる。1号機はふた回りも小さくてほとんど本が入らず、しかも、使い込みすぎて片方の車輪が外れてしまった。 これらのキャリーバッグを活用する前は、登山用の...「相棒」の続きを読む
お、終わった…。今月もマガジン週間が終わりました。編集中は、ホント、飲まず食わず、眠らずの戦争です。とりわけ最終工程で、マガジンを印刷所へと見送る身にとっては、チェックしてもしすぎることはなく、手元に...「戦い終わって、日が暮れて…」の続きを読む
朝イチの新宿発甲府行のバスに乗り込み、川柳甲斐野社の大会へ。連日の泊まり込みで興奮状態が続いているのか、バスではほとんど眠れなかった。 甲府は約1年ぶりの取材。甲斐野さんは小誌企画、全国結社対抗川柳大...「空耳アワー」の続きを読む
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K