Loading...Loading...

川マガが届くと、まずは自分の選の結果を読む。天位の句

母は子を子は母思うハンバーグ    朝岡えりか  静岡

嬉しかった♪ 仕事の疲れが一辺に吹っ飛んだ。長女の病で去年の秋から荒川八洲雄氏にピンチヒッターをお願いし、今年からはバトンタッチしたけれども、平成23年1月から月2回飯田選と東海道線を乗り継いで往復した「浜松川柳講座」の受講生です。

次開くのが「川柳お悩み相談室」自分の書いた原稿ではあるけれども「愛知県蒲郡市立図書館」の文字に感動、

蒲郡市立図書館さんは2020年4月号から「川柳マガジン」を購読してくれています。

「ご利用ください、「川柳マガジン」蒲郡市立図書館に入りました!

●2020年4月号からあります。

●貸出中の時は予約をどうぞ!

●最新号にも予約できます。

(貸し出しはバックナンバーになってから)

普段あまり図書館に行かないな~と言う方もこの機会にどうぞ

等々と書かれたチラシでPRしてくれてます。

 

皐月賞の身内(誌友、講座受講生)親戚(めすばん)の嬉しいご報告

皐月賞

秀句8   母は子を子は母思うハンバーグ      朝岡えりか

佳作25  百年をかけて帰化したカツカレー     田口 勝義

岡崎  守 選

佳作  気兼ねなくお箸でどうぞシェフの笑み     尾方 静子

高瀬 霜石 選

佳作  わだかまりチーズフォンデュに溶けていく   梅川 一 惠

熊谷 岳郎 選

佳作 母は子を子は母思うハンバーグ         朝岡えりか

佳作 美味しさの記憶が飛んだフルコース       田口 勝義

佳作 トンカツを見ているだけで目方増え       哲 郎(きっと加藤哲郎さん)

西 惠美子 選

佳作 学食で恋バナ聞いたハンバーク        来本 芳子

松橋 帆波 選

秀句 百年をかけて帰化したカツカレー       田口 勝義

植竹 団扇 選

秀句 とんかつへふと思い出す豚の鼻        永井河太郎

佐藤 朗々 選

秀句 白髪のフォーク滑らか品の良さ        船木 正子

佳作 洋食がなにさと和食ごねている        竹内そのみ

石田 一郎 選

秀句 パン食に慣れて昭和を生き抜いた       寺部 水川

佳作 想い出のお子さまランチ母の声        山口タカシ

今田 久帆 選

秀句 母は子を子は母思うハンバーグ        朝岡えりか

佳作 春の雨素ごもりしてのタンシチュー      山崎 里美

鈴木 順子 選

天位 母は子を子は母思うハンバーグ        朝岡えりか

みつ木もも花 選

佳作 ひらがなで傷をいやしているすーぷ      大嶋都嗣子

赤松ますみ 選

佳作 どうでもよくなった恋はスクランブルエック  大嶋都嗣子

天根 夢草 選

佳作 立食のワイングラスが蝶のよう        山田 喜一

佳作 どうでもよくなった恋はスクランブルエック  大嶋都嗣子

本田 智彦 選

秀句 百年をかけて帰化したカツカレー       田口 勝義

佳作 褒め言葉メインディシュに降り注ぐ      山田 喜一

前中 知栄 選

佳作 トマトスープにふと浮いてくる夕日      大嶋都嗣子

赤井 花城 選

佳作 褒め言葉メインディシュに降り注ぐ      山田 喜一

西 美和子 選

佳作 どうでもよくなった恋はスクランブルエック  大嶋都嗣子

新家 完司 選

秀句 わだかまりチーズフォンデュに溶けていく   梅川 一惠

佳作 褒め言葉メインディシュに降り注ぐ      山田 喜一

小島 蘭幸 選

佳作 どうでもよくなった恋はスクランブルエック  大嶋都嗣子

佳作 パン食に慣れて昭和を生き抜いた       寺部 水川

広兼 秀子 選

佳作 母は子を子は母思うハンバーグ        朝岡えりか

佳作 学食で恋バナ聞いたハンバーク        来本 芳子

佳作 ビフテキの血よ胃袋の戦いだ         朝岡えりか

福本 清美 選

秀句 トマトスープにふと浮いてくる夕日      大嶋都嗣子

佳作 産院でもてなすディナーフルコース      木村 行吉

真島久美子 選

秀句 ひらがなで傷をいやしているすーぷ      大嶋都嗣子

佳作 春の雨素ごもりしてのタンシチュー      山崎 里美

佳作 トマトスープにふと浮いてくる夕日      大嶋都嗣子

主悦みずほ 選

佳作 美味しさの記憶が飛んだフルコース      田口 勝義

佳作 洋食の極みフォークの先にあり        寺部 水川

荒砂 和彦 選

地位 産院でもてなすディナーフルコース      木村 行吉

秀句 脇役に徹すパセリの独り言          本多 雅子

佳作 フレンチの名で寛容になる値段        木村 行吉

みなさ~ん、おめでとうございます。

葉月は「音楽」です。 挑戦してくださいね♪

今日は、仕事なの がんばってくるわ (*^_^*)

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

川マガ8月号皐月賞”にコメントをどうぞ

  1. 雅子 on 2020年8月2日 at 6:32 AM :

    おはようございます。
    昨日は半月ぶりに豊橋へ。母の施設はせっかく、ビニールシート越しに二十分の面会ができるようになったのに~また、このところの感染拡大で面会禁止に。(命を守るためだからしかたないね~)
    帰宅したら豊番が届いてました。ありがとうございました!車中でも愛西市にも届いたと喜びメールが~(笑)
    川柳マガジンの懸賞川柳の報告もにぎやかになりましたね~新しい顔ぶれも増え、コロナ禍にめげずウナギ登り(コロナはいい加減にしろ!)だけどね(苦笑)
    毎月楽しませてもらってま~す。まずはお礼まで~みなさま!お達者で~

    • 鈴木 順子 鈴木 順子 on 2020年8月2日 at 11:13 PM :

      雅子さん、こんばんわ
      コロナ第二波(?)の所為で、病院のお見舞いも大変になって来ましたね。
      川マガさんのチラシは愛西市の方と雅子さんには入れてはいけないと思っていましたが、作品が多く生まれた時に利用してもらいたくて今月は同封しました。
      午後から3月以来行ってなかったマッサージに行って来ましたよ♪
      少し身体が軽くなった気分(笑)
      おやすみなさい。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K