Loading...Loading...

今年最後のお教室。朝日カルチャーセンター湘南校に出講してまいりました。

講座終了後ある生徒さんからサプライズが刷りたてほやほやのご自身の作品集を手渡されました

写真 (1)

照れながらも嬉しそうなご様子で、私も本当に感激してしまいました

私の教室に通って下さる生徒さんの中から、こうして句集を作られる方が現れるなんて、これまでなかったことなので、感慨深いものがありました。

日頃から生徒さんから学ぶことも多く、私が育てて頂いているような感覚が多々あるのですが、こうした形で川柳を通じて自分を表現する喜びを伝えられたのだとすれば、カルチャーでの取り組みの実りを感じます。

これからも、縁あって門をたたいてくれた生徒さんたちの背中を押していけるような存在になれたらと思います。

改めまして汎数さん、おめでとうございます。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

カルチャー教室にて”のコメント欄です

  1. ハリー on 2014年12月20日 at 5:27 PM :

    生徒さんの中から、こんなに立派な句集を作られる方が出るとは、教師冥利に尽きますね。やすみさんが言われている「育ててもらっている」という解釈、素晴らしいと思います。子育てや会社でもそうなんですが、教えたり導いたりしているつもりでも、逆に教えられることも多いんですよ。
    どの生徒さんもやすみさんの講義ならきっと楽しく、心穏やかに充実した時間を過ごされていると思いますよ。そしてやすみさんも日々成長しようとする気持ち、いつも尊敬しているんです。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K