Loading...Loading...

140810 ブログ2

写真、左から作家のねじめ正一さん、詩人の小川英晴さん、私、俳人の森潮さん。

ある冊子の企画で対談をさせていただきました。

小川さんとねじめさんはいとこ同士。小川さんと森さんは義理のご兄弟。

ということで、なごやかな親族会にお邪魔させて頂いたような感覚・・・。

ですが「表現者の遊びごごろ」をテーマにしたお話しの内容はそれぞれのお考えがしっかりと際立つ、素晴らしい表現者ならではの言葉が満ち溢れていて、たいへん刺激と感銘を受けたひとときでした。

また掲載の詳細などは改めてお伝え致しますね★



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

対談”のコメント欄です

  1. ハリー on 2014年8月15日 at 5:41 PM :

    ここにいらっしゃる皆さん、そんな関係だったんですか?初めて知りました。
    ねじめ正一さんの本はよく読みましたし、やっぱり「文学の家には文学の人がつながる」んでしょうか(笑)。その中にやすみさんが来られたので皆さん喜ばれたと思いますよ。だって男くさいところに爽やかな女性が来たら嬉しいですよ。本当に「素敵な紅一点」なんですから。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K