Loading...Loading...

昨日(1月16日)は「二川のんほい川柳会」1月句会でした。会場の大岩老人福祉センターさんから、利用禁止の案内が届かなかったので11人(+投句1人)の笑顔が揃いました。黒潮ねぎの差し入れがあり、互選(36句)の高得点者から順に5名のご褒美にしました。5人の作品のご紹介 席題「握る」

悲しみに言葉はいらず手を握る      朝倉 立子

大金を握った途端目が覚める       中村  信

ひと握り手が小さくて損ばかり      渡邊眞理奈

ペン握り川柳ひねるボケ防止       森 さちゑ

握り返す力よ母の余命知る        鈴木 順子

県文連45周年「文芸誌」に、「二川のんほい川柳会」からも4名が参加されていたので、豊橋番傘からの「お年玉」と手渡したら喜んでました♪。

毎月15日までは、必死でして。現実に追われて、想像の翼が広がりにくく、やっとこさで最後の依頼の鑑賞文が書けました。少し肩の荷を下ろします(AM10時27分)

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

毎月の事ながら15日までが必死。”にコメントをどうぞ

  1. 雅子 on 2021年1月18日 at 1:18 PM :

    順子さん☺️こんにちは二川も16日に無事に開催出来て、良かったですね~私は自分に関係した市町村の感染状況を、毎日気にしてチェック✅一喜一憂していますこのところ、三河地方も増えている気がして~岡崎市も公共施設を休館するとか?18日から2月7日とありました先行きどうなることやらですね
    そんな中で二川のブログにほのぼの癒されました 黒潮ネギ がいいですね~調べたら豊橋農協のブランドとか?またネギを気にして道の駅で見てみようかと( =^ω^)パソコンが古くてセキリュティが働かないみたいで人間と一緒初めてスマホでコメントしてみましたどうなっていることやら?どこまでも不安の絶えない雅子です

  2. 水川 on 2021年1月21日 at 1:56 PM :

    今朝の中日新聞・テーマ川柳欄「礼」に、来本芳子さんが秀句で入選しています。
    ポジティブな句は心に響きますね。

  3. 雅子 on 2021年1月21日 at 2:53 PM :

    芳子さん! テーマ川柳の秀句、おめでとうございます。
    律ちゃんからも朝、ラインで報告がありましたよ。テーマ川柳は倍率も高く、なかなか掲載も難しいと聞いています。まして秀句なんてすごいです。ひた向きに頑張っているから、どんどん上手くなって行くね~誠実なお人柄が句にも滲み出ていて、私も見習うことが多いです。嘗ては蒲郡で律ちゃん、ゆう子さんもテーマで秀句を取っていて、順子先生の喜ぶ顔が浮かんで来ます!水川さんのコメントが嬉しいですね~

    • 芳子 on 2021年1月21日 at 5:40 PM :

       水川様、雅子さん お心遣い本当にありがとうございます。
       課題には、毎回のように挑戦していますが、一度でいいから皆さんのような秀句が作れたら
      ・・・と思い続けていました。 思いもかけず、今日新聞を広げたら選んでいただけ、感謝と
      嬉しさで一杯です。
       今の気持ちを忘れないように、ペンを磨き続けて行きたいと思います。
       気にかけて皆さま
       

      • 芳子 on 2021年1月21日 at 5:45 PM :

        すみません。操作ミスで ごめんなさい。
        気にかけていただきました皆様、ありがとうございました。

  4. タカシ on 2021年1月22日 at 11:26 AM :

     順子さんの期待の星(手垢の着いた表現デスネ) 芳子ちゃんの秀逸句、コロナ禍の重い空気のなか、ひときわ明るく爽やかで、いいですね。おめでとうございます。
     芳子さんの句会では、その運営に、よく気が利いてよく栗鼠の如く走り回る、一家に一台ほしい人ですね。
     それにしても、特に、秀逸に推された選者の木村英昭さんは、知性的な雰囲気を醸す文化の人と感じています。そんな方に選ばれた芳子さんの今後の活躍を嘱望、期待するばかりです。
     何かしら、芥川賞などの新人受賞みたいですが、芳子さんは既に熟練の極み、楽しみですね。

  5. 鈴木順子 on 2021年1月22日 at 6:01 PM :

    雅子さん、水川さん、芳子さん、タカシさん、
    ブログを支えてくださりありがとうございます。
    19日は名古屋に行き、お泊りして20日の早朝に帰り、8時の朝礼にすべり込みセーフという2週間前と同じスケジュールをやっつけたりしてました。
    今日は、やっとこさで、従業員に還付金を手渡しました、すんごくすんごくホッとしています。
    その間に、ブログは覗いてて、やったジャン芳子さん♪ と嬉しく、仕事にリズムをもらいました。
    そうですか、木村英昭さん選での秀句ですか。
    英昭さんには「好句往来」をお願いした折に、お手紙をいただき、その手紙は通勤カバンに入れてあります。この間久し振りに読み返しました。温かい方です。
    無事に終わった今日に感謝して、
    今から水川さんちに寄ります。
    工場で使っているウエスの在庫が心細くなり、よく働いたタオル君(さん)たちをもらいに行きます。
    雅子さん、芳子さん、タカシさん、よく働いたタオル君(さん)がありましたらお恵みください。

  6. 田口勝義 on 2021年1月22日 at 9:58 PM :

     順子さん、皆さん今年もよろしくお願いいたします。
    来本芳子さん、当地 中津川市でも吉報拝読しました。おめでとうございます。
     川マガの「睦月賞」今日投函しましたが、「踊る」は無縁で情けない句になってしました。その昔、豊橋へ友達と下駄を履いて行ってしまった先がゴーゴー喫茶、逃げ帰って来た事を思い出しました。

    • 鈴木 順子 鈴木 順子 on 2021年1月23日 at 10:15 AM :

      田口さん、お早うございます。
      「踊る」と「躍る」は違いますが、川柳マガジン睦月賞では区別するのでしょうか?
      のケータイメールへの返信するのを忘れてしまってた…。ごめんなさい。

      今年から長女の抗がん剤治療が変わりました。毎週火曜日の抗がん剤を3回続け、1週お休みのクールになりました。5日、12日、19日の後26日はお休みの計画でしたが、12日は数値が悪くて打てず、19日には打てました。
      で、19日、26日、2月2日、9日お休みのクールになるんだって。
      あの大きくて広いがんセンターの中に1人でおらせるのが可哀そうで…、仕事の許す限り娘と一緒に居ようと思う。
      そうそう、水川さんの車、新車でした♪

  7. 田口勝義 on 2021年1月23日 at 3:22 PM :

     順子さん 相変わらずご多忙ですね。
    忘れていた!とは、まあ何時ものことで 慣れています。
     「踊る」が苦手でしっかり悩みました。諦めて昨日投函しました。
    今回の選者さんの中に長谷川博子さんのお名前がありました。水川さんたちと出席した句会で、森中惠美子さんから「若いほうにあげる」と言われた色紙を彼女が貰っていかれた記憶があります。
     美里さん 「頑張って!みんな待っている!頑張って!」としか言えません、信じてお祈りするだけです。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

太田紀伊子
ユーモア川柳乱魚コレクション
定価: 1,296 円
新書版・ソフトカバー・136頁
ISBN978-4-86044-458-7

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K