Loading...Loading...

川柳豊橋番傘8月号近詠句からの鑑賞を、やまと番傘川柳社の菱木誠氏にお願いしました。

〇誰だっけ挨拶されたマスクマン     石黒 石根

〇マスク越し人の本音が読めませぬ    壁谷 けい

〇おちょぼ口アベノマスクが良く似合う  桑山 公一

これほどマスクが話題になった時代があっただろうか。日常化したマスクで人間をずばり詠んでいる。3句目の小さすぎるアベノマスクに皮肉が痛烈である。

〇年寄りもこれでは身体もてあます    中島 建夫

〇子が老いる姿なんぞは見たくない    本多 雅子

〇物忘れしなけりゃ脳がパンクする    中村  信

毎日が日曜日の年寄りにも自粛の波はつら過ぎる。若いのに巣ごもりの日常、精神まで老いてはなるまい。嫌な記憶はどんどん忘れて再生した脳で生き返る。

〇訥弁の一語満座をうならせる      安西 廣恭

誤植か。原句は満座の「を」が抜けて6音字、また「呻る」は苦痛や感情の強すぎる。「呻吟」という言葉もある。感動で発するので「唸る」か「ひらかな」で好句になる。

〇早すぎるあと半年のカレンダー     大桑れい子

〇いつの間に変換されていた記憶     鈴木かつえ

〇最良の今日を悔いなく生きてゆく    山本三樹夫

10月号ではもう3か月。誤作動をしたのか記憶まで遠のく。光陰矢の如し。今日一日を最良と生きてゆこう。

〇午前四時スイッチ入れる深夜便     中内まつ江

〇陽の匂いパンの匂いのする暮らし    住田勢津子

〇馴れたくもなくて暮らしになれはじめ  伊藤紀雍子

ご時世は急変しているが、いつものように朝が来て、大過なく過ぎてゆく。これが暮らしというものなのだろうか。平穏な日常に感謝して今を乗り越えていきたい。

〇たかが三円主婦の財布が許さない    郡山 弘子

〇お財布の中で諭吉も自粛する      戸沢ほたる

コロナ不況が家計を襲う。たかが3円のレジ袋にはマイバッグを常備。長期戦覚悟で自粛の財布は奮闘中だ。

〇まだまだや欲望の鬼消えるまで     藤田 盛雄

〇青空を持とうここから登る峰      高柳 閑雲

人間でいる限り欲望の鬼になる。その意気やよし。そして心に青空を持つ。まだまだ涸れるには早すぎる。

〇治ると言う医師を信じている月日    鈴木 順子

〇頑張ったレンズ眼科で入れ替える    寺部 水川

突然襲ってきた病に挫けそうになったが、医師を信じて前を向くしかない。頑張ってきた水晶体も濁る。新しく入れ替えた白内障の手術で、視界は良好だ。

〇徒労だけ残し琵琶の実熟れていく   やまぐち珠美

ウイズコロナ、新しい日常などと頑張ってみたものの残るのは徒労ばかり。でも植物は季節を刻んで着実に成長してゆくではないか。気張らずに自然体で行こう。

誠さん、お忙しいなかをありがとうございます。

― ✿ ― ✿ ― ✿ ― ✿ ― ✿ ― ✿ ― ✿ ― ✿ ― ✿ ―

ずっとずっと朝温泉にもいかず自粛をしていたけど、今朝はどうにも身体が言う事を聞いてくれない。で、秀さんを誘って2月以来の朝温泉に行って来ました。日曜祭日は11時までだったのが10時に時短になっていて、30分くらいしか入れなかったけど、やっぱり温泉はいい。帰りは買い物に寄り、買って来たお刺身でお昼にし、その後は昼寝なんぞをいたしました(笑)

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

川柳豊橋番傘10月号『好句往来』”にコメントをどうぞ

  1. 雅子 on 2020年10月19日 at 12:57 PM :

    今日も本降りの生憎の雨になりましたね。昨日は素晴らしい秋晴れでしたね~順子さんの心も、久々の温泉でほぐれたようで、ホッとしました。
    リフレッシュって大事ですよね~
    私も、虹の森で母の様子を聞き、落ち着いてるみたいでホッとして、そのまま田原の内海の方へ向かい、対岸の日常の暮らしのある、蒲郡、西浦を眺めて非日常を味わって来ました。
    そうしたら、心の闇が晴れて来たような気がして来ました(笑)

    好句往来は、今回は二十句も選んで頂けて、十七文字のそれぞれの作者の句が、選者さんの鋭い切り口で一つの連作、エッセイのように仕上がっていて、さすが~
    毎度、好句往来の醍醐味ですね~。再度味わえて順子さんのマメさに感謝です。お疲れ様~
    じゃあ~またね。

  2. 鈴木 順子 on 2020年10月24日 at 10:04 PM :

    雅子さん、こんばんわ
    いつもコメントありがとうございます。
    直ぐに返事が書けないけど私の励みになっています。
    歯の定期検診に行ったら、被せてある歯のうち3本が虫歯になっていました。
    痛くならないうちに治療することに。被せものを取ったり、神経を抜いたり…。
    週末になるにつれ疲れからか痛みが…、今日は朝昼晩と痛み止めの世話になり、トホホです。

    雅子さん、お母さんのこと、お大事になさってくださいね。寒暖差があるから心配事が増えていかなければいいがと…。雅子さん自身も無理しないでね。おやすみなさい。

  3. 鈴木 順子 on 2020年11月3日 at 6:07 PM :

    このブログを覗いてくれている皆さん、
    なかなか更新出来ずにごめんなさい。超多忙だわ。
    でも、遅々ながら一つずつクリアしていってる。
    みたままつり句会報誌を発行するまでは倒れる訳にはいかんから
    もうしばらく無沙汰を許してください。順子

  4. 雅子 on 2020年11月4日 at 2:40 PM :

    順子さん!超ご多忙な中の安否報告に、ホッとしました。
    みたまの編集もあり、お忙しさを察していましたが、豊番十一月号も先月末にしっかり届き、ホッとしていました。今月の句会も八日と早いので、投句者の多い豊番なので、柳誌の発送も気が揉めますね~
    私ごとですが、八日の句会も今のところ出席の予定で、投句を見合わせています。
    母の様子も気になり、帰りに施設に様子を聞きに行きます。
    この場をお借りして、そんなわけで律ちゃん!よろしくね~(追伸)私も遅ればせながら、スマホに十月二十三日にデビューしました!簡単スマホで、掛け放題だから安心です。古希間近にようやく(笑)じゃあ~

  5. 田口勝義 on 2020年11月4日 at 2:53 PM :

    今朝は冷え込ました。我が家から見える恵那山山麓の富士見台から、標高千メートル付近一帯は初雪でした。当地ではここが3回白くなると辺りが雪になる。と言われています。今年は寒い!です。順子さん頑張って!
    順子さんの苦労も知らず、昨日は九頭龍湖まで紅葉狩り。今年の紅葉は綺麗です。台風の上陸が無く、山が荒れていないからとか。上高地方面も素晴らしかったです。これからはR19木曽谷沿線が見頃になります。

  6. 水川 on 2020年11月5日 at 5:39 PM :

    雅子さんスマホデビューおめでとうございます、古希前なら大丈夫です。
    私は米寿の今年の春にデビューしました。毎日ほどほどに苦戦を強いられています。
    律ちゃんとは早々にライン交換仲間に入れてもらいました。

    勝義さん 寒くなりましたね、でも紅葉狩り羨ましい便りです。
    九頭龍、上高地周辺いいですね!

  7. 雅子 on 2020年11月5日 at 9:13 PM :

    水川さん、嬉しいコメントありがとうございます。
    一か月前までは日に三度くらいは、うるさいほど母からの電話が、ケータイに掛かって来て、スマホに変える勇気が出ませんでした。
    十月六日に三十九度熱が出て以来、全く連絡が途絶えました。目が不自由なので、すっかり掛ける意欲が無くなったようです。今ではほぼ寝たきりのようですが、コロナで部屋にも入れず、様子を覗うことも出来なくなってしまいました。
    今では、ケータイで繋がっていた頃が、本当に有難く幸せだったと、音沙汰のない寂しさをしみじみ感じています。本当に人間は失って初めて感じるのですね~
    スマホになってもあまり出番もなく、たくさんの機能も眠ったまま。でもスマホへの成り行きを作ってくれた母の思いや、来るべき時を受け止めなければと色々悩ましい古希まじかです。
    八日には私も律ちゃんにお願いして、仲間に入れてもらおうかな(笑)

  8. 田口勝義 on 2020年11月7日 at 6:13 AM :

    水川をお返事ありがとうございます。最近霜が降り始めて、紅葉も足場に去って行きそうです。片道250キロまでと決めた極楽とんぼを続けたくて、野良仕事にも励んでいます。

    雅子さん、私にも同じ境遇の母が居て、ジーンと来てしまいました。明日の我が身と思うと、寒さが身にしみます。
    スマホ、私は川柳作句帳としています。

  9. 雅子 on 2020年11月7日 at 8:19 AM :

    勝義さん!コメントにコメント感謝です。誰しも通る道なんですね~
    私は高齢化社会と母が二十歳の時の子なので、初老の身に堪え、情けない自分にうろたえています。
    ガラケーの時は川柳メモが大活躍、スマホでもそれだけはと思っていたら、初期設定だとか?ゴチャゴチャ分からないメッセージばかり出て、躊躇しています(笑)
    また、誰かに聞いて挑戦してみますね~
    ふと浮かぶ傑作はメモらないと、脳の記憶が頼りにならない事は、日々実感済みです(笑)

  10. 鈴木 順子 on 2020年11月8日 at 12:46 AM :

    雅子さん、水川さん、勝義さん、ブログを守ってくれて有り難うございます。
    みたままつり誌上句会報、うれしいことに献句もたくさん届きました。で、読み応えのある本に仕上がったよ(自分で言うか…だね 笑)
    表紙の写真は、川柳カリオンの会の松井則雄氏に頼み込んだら、豊橋の名所をあっちこっち回って撮って来てくれました。
    二川宿・商屋「駒屋」のを採用♪(生意気は許されて)
    来週から印刷にかかってくれるそうです。
    気がかりが済んで、今夜は早寝しようと思い早めに布団に入ったけど眠れず、
    そういえば新聞社の原稿があったわと、ぞろPCを開いたらこんな時間になっちゃった。
    明日の句会準備が何にも出来てないよう
    区切りの達成感からか神経が高ぶってるのかね、寝たいけど眠れん状態、何かしたいと思っても、もう思考回路がショート状態。電気を消せばねれるかも…ね。
    明日会えるのを楽しみに、PC消して、明かりも消して、おやすみなさい。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

太田紀伊子
ユーモア川柳乱魚コレクション
定価: 1,296 円
新書版・ソフトカバー・136頁
ISBN978-4-86044-458-7

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K