Loading...Loading...

ファイル a37-1.jpg  ファイル a37-2.jpg  ファイル a37-3.jpg

お仕事で作家の藤原智美氏と対談をさせていただきました。藤原氏といえば今話題の「暴走老人!」(文藝春秋)をお書きになられた方。今回は着物の専門雑誌の対談ページということで二人とも着物姿で初の顔合わせです。
 
 ちなみに、これは来年の4月号掲載ということで春らしい淡いピンクの着物を着させていただいております。これから冬本番になるというこの時季ですが、なんだか来年の春の桜が楽しみになるような色と柄。帯はインパクトのある薔薇と蝶の組み合わせ。藤原氏は15年ぶりに着物を着られたとか・・・。でもとてもお似合いですね!日頃からさまざまなテーマで執筆されていらっしゃる氏の知的な魅力が着物姿にも溢れているように感じました。
 私の川柳句集を読んで「なんだかいろんな食べ物が句に登場しますね~(^^)」と・・・(^_^;)
 短い時間でしたが、和の文化、着物の魅力、お住まいになっている鎌倉のこと、今後の作品についてなどなど
お聞きできました。
 最後はこの対談のコーディネーターでありライターの
栗山女史と記念に一枚♪彼女は私の句会のメンバーでもあります(^O^)/
 
 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K