Loading...Loading...

12月14日(土)、18:30〜BSテレ東での生放送でした。歴史ある「第52回 日本作詩大賞」の審査員として出演させて頂きました。

今年度ノミネートされたのは17作品。その中から大賞1編、優秀作品2編が選出されます。

日本の歌謡界を代表する歌手の皆様の、素晴らしい楽曲の数々。その歌詞の魅力を評価し、作詩をされた方へ贈られる賞です。

まさかその審査員としてお声をかけて頂くなんて!

身に余る光栄で、その重みをかみしめながら審査させて頂きました。

同じく審査員として、女優の萬田久子さん、明治大学教授の齋藤孝さん、ケント・ギルバートさん、脳科学者の中野信子さん。審査委員長は音楽評論家の宮澤一誠さん、でした。豪華なお顔ぶれに混ぜていただき、本当に感謝致します。

大賞には、氷川きよしさんの「最上の船頭」が輝きました。作詩をなさったのは小説家の松岡弘一先生。

最上川の雄大な風景と、登場人物の姿がいきいきと浮か浮かび、並んだ言葉の調べも素晴らしい、まさしく大賞にふさわしい作品だと感じます。

司会の徳光和夫さんと、番組終了後にお写真を。

川柳好きで知られる徳光さん。楽しくお話しさせて頂きました。いつかご一緒に川柳を詠みたいですね!

 

番組関係者の皆様、本当にお疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

第52回 日本作詩大賞 審査員”のコメント欄です

  1. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2019年12月16日 at 8:48 PM :

    そうですか、そうですか。
    それはそれは、大役をお疲れさまでした。
    TV出演、存じ上げませんでした。残念!!
    徳光さんもさることながら、齋藤孝先生にはお目にかかりたいなぁ~。
    何しろ、「声に出して読みたい日本語」ブームの立役者ですから。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K