Loading...Loading...

北海道が暑い。昨日の札幌、33度ぐらい、今日もそれに近い。札幌の一般家庭はクーラーをつけていないから、33度は堪えるのだ。地球温暖化を実感する。この調子で毎年暑くなって行けば、クーラーを買わざるをえなくなりそうだ。そのうち台風も来るようになるかもしれない。爽やかな北海道の夏が失われて行きそうだ。

このところ体調が少し持ち直してやる気が出てきた。一時は人工透析は時間の問題と言われ意気消沈していたのだ。「腎臓は悪くなったら治りません」と医者に言われて覚悟を決めた。いろんな人から、知人も透析をしているけれど何年も元気にしているよと慰められ、医者からは尿が出なくなったり、顔がむくんできたら即透析と言われ、一喜一憂していたのだった。親しいあるドクターは、透析なんかできるだけしない方がいいよ、もうお互いに先は余りないのだから、嫌なことは避けた方がいいというアドバイスも受けていた。確かに後3~5年も生きれば上出来なんだから、嫌なことはもうしたくない。そしてどういうわけか、数値が少し改善して、透析は先送りになった。

気持ちが切り替わると体もしゃっきりしてくる。いつまで続くか分からないけれど、しばらくは前向きに歩けそうだ。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K