Loading...Loading...

11月12日、奈良県橿原市「かしはら万葉ホール」にて

「国民文化祭なら2017~日本のはじまり橿原市へいざ川柳の祭典」が

行われた。

朝からキンキンに冷えた、素晴らしい晴天である。

事前参加者2257名、当日参加者713名。

北海道から沖縄まで、全国津々浦々からのお客様である。

この日のために一年半準備をしてきた。

そらもう、失敗なんぞあるはずがない!

ごった返す受付、

橿原市の観光ブース、物産展、

弁当券、交流会の受付、

点字プログラムブース等、入口からむんむんの熱気だ。

お弁当を食べなかった方は残念だが、

相当いい内容だったらしい。

(1000円なり)

あちこちから元気なあいさつや呼び声、

これが全国大会の雰囲気なのだ。

開会式につづいてのアトラクションでは、

奈良県の歌手であり講談師である、川本三栄子さんに

ステージを沸かしてもらった。

奈良と橿原のゆるキャラ、

せんとくんとさららちゃんに一緒に出てもらい、

「あなたとなら大和路」を歌ってもらう。

場内からは手拍子が響き、大盛り上がりを見せた。

続いて川本さんのオリジナル講談「日本のはじまり~神武天皇物語」、

いやあ、いいねえ。

こういうアカデミックな内容をわかりやすく、

面白く講談にしあげてもらって、

30分があっというまのステージだった。

そしてその後は事前投句、当日投句の発表。

さらさらと進んだその後に待っているのは、

文部科学大臣賞をはじめとするトップ10賞の発表。

この発表方法については、かなりもめた。

最近増えているプロジェクターがイマイチで、

なんとかできないかと相当みんなで悩み、

くじけそうになりながらも頑張った。

なんと60センチ×5メートルの巨大短冊に、

入選句を書いてもらい、それを舞台につるしたのだ。

ステージの上に合計21句の巨大短冊がぶら下がった。

ステージの端から端まで川柳である。

見事、圧巻である。

書いてくれた西川國治さん、井上洋三さん、ありがとう(涙)。

入選した人も、全没の人も、この一日のため頑張った、

素晴らしい奈良の仲間たちである。

総勢140名のスタッフの多くが、

アトラクションも発表も聞いていない。

それぞれ持ち場で働いていたから・・・。

お昼が食べられなかった人もいるし、

交流会終わってからもバスの誘導をしていた人もいる。

皆見えないところで働いた。

すごいことだと思う。

 

まだ少し興奮の中にある。

やり遂げた達成感と疲労感、そして後始末のあれこれ。

正直、途中で投げ出したい気持ちに何度もなったし、

愚痴が増えることもあった。

だけど、大人の文化祭、いいじゃないか!

こんなのってなかなか味わえるものではない。

ありがとう、国民文化祭。

そしてきてくれた全国皆様も本当にありがとう。

追伸)「鐘」の発表が舞台で行われている間、

舞台袖まで消防車と救急車のサイレンが聞えていた。

なんと3時半頃、近くの国道でコンテナトラックが

爆発炎上していたのだ!

ロビーまで臭いが入ってきて、橿原市職員の方が

見に行ったそうだ。

その後大渋滞で、シャトルバスも混乱したようで、

ご迷惑をかけた皆様すみません。

 

 

 

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

いよいよ秒読みになってきた国民文化祭・なら。 やり残したことは無いかと思うだけで胸がどきどきしてくる。 たぶん実行委員の皆さんもそうだろう。 前日は午後から万葉ホールにて準備、 そして夕方から舞台リハ...「国民文化祭・ならへようこそ!   天気晴朗なれど冷え冷え~」の続きを読む
台風21号、皆様のところはどうでしたか? 被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。 ここ奈良の橿原も、昨日から台風来るぞ来るぞという体制でした。 おりしも「月女の会」の例会。 多いときは15名ぐらい集...「台風一家?一課、いや一過でした」の続きを読む
国民文化祭まで一か月を切った。 実行委員会をあと2回。 スタッフ全体会議を1回。 舞台業者、市との打ち合わせ1回。 前日の準備、舞台リハ1回。 などがこれからの日程で、 会議が円滑に進むように、 それ...「さて飛びますか? 飛びましょう~」の続きを読む
ブログを半年放置した。 「国民文化祭・なら2017」を目前にして、 もうもうもう、余分なことは何もできない状態である(^_-)-☆!   国民文化祭の難しさは、 全日本川柳協会、市(その後ろ...「2週間の休暇  ~国民文化祭・なら2017まであと40日」の続きを読む
今年に入って阪本家では、 もう少し豊かな時間を送りたいといろいろがんばっている。 川柳や仕事に忙殺されて、人間らしい生活が涸れていくのがいやなのだ。 というわけで、今年に入ってから、 加古隆さんやゴン...「3時間の絶望   ~映画「沈黙」を観た」の続きを読む
鈴鹿の文芸評論家清水信先生が亡くなった。 享年97歳。 立派なお歳である。 だがいつまでも清水先生は死なないもんだと思っていた人たちばかりで、 まさに突然の訃報だった。 私も先月半ばにお会いしていて、...「清水信先生の訃報   ~知の巨人との別れ」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K