Loading...Loading...

映画を観た。

「ビガイルド~欲望のめざめ」(アメリカ)

監督 ソフィア・コッポラ

主演 ニコール・キッドマン

南北戦争下の世間から隔絶された南部の寄宿学園に暮らす、

美しい女性7人。

ある日、負傷した北部の敵兵に遭遇、

学園に運び手当てする。

しかし次第に女たちは情欲と危険な嫉妬に支配されてしまう。

秩序を守るべきか、欲望を取るか。

7人の美女と1人の男の、緊張感あふれる最高傑作。

……。

という、うたい文句にまんまと乗せられて観てきましたが、

まったくダメでした ( ;∀;)

今回何にだまされたかと言うと、

美しい色調のテレビコマーシャル、

「欲」という言葉、

ソフィア・コッポラというブランド、だろう。

(F・コッポラの娘である)

私の中のワースト10に入るような、金かえせ映画だった。

悪口はいっぱいあるが、

緊張感が無さすぎ、

伏線が安っぽすぎ、

想像以上のことがまったく起こらない、

「欲」のかけらも見えない、

ナイナイづくしである。

「よくある話だよねー」と誰かが言ってたのだが、

いやいやそういう問題でもない。

大切なのは「どのように表現するか」なのだ。

突飛なストーリーで驚かせるのが、

良い映画というわけではない。

ありきたりな話を、どんな風にして伝えるか。

どのようにして感動させるか。

あるいは、観客のどこら辺を突くのか。

 

川柳も同じだと思う。

似たようなテーマを誰もが持っているわけで、

それを似たような作りでは面白くないし、

その他大勢から脱却はできない。

かと言ってこれも突飛な表現ならOKかと言うと、

それはNOだ。

必要なのは最も自分の深淵にふさわしい表現。

嘘ではない真実。

言葉になる寸前の混沌に、こちらから言葉を与えるのだ。

ありきたりな表現に堕ちる前にね。

 

さて映画に戻る。

こちらは女性監督というところで、

相当な期待もしてしまった。

きっとプロだから、同性の私以上の怖さを表現してくれるだろうと、

信用してしまった。

いやはやそれなのに、まったく甘ちゃんの映画である。

女性監督でやはりスゴいのは、

「愛の嵐」のリリアーナ・カヴァーニだ。

あれは名作中の名作で、あんなに怖くて美しい映画はないなと

思ってる。

中学生時代、「愛の嵐」ごっこもよくやった、何も知らんと。

あと、ナチスの片腕のリーフェンシュタールかなあ。

あのベルリンオリンピックの記録映画「オリンピア」の、

突き抜けるような美しさを恐いと感じるのは、

歴史を知っているからだろう。

日本の蜷川実花はどうなんだろう。

観たいと思っていた「ヘルタースケルター」は、

原作漫画を持っているだけだ。

こちらも期待しすぎてがっかりはイヤなんで、

二の足を踏んだままだ。

おまけに二世だからね。

何か面白い映画を知っている方いたら、

ぜひ教えてくださいね。

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

誕生日だってのに、 2月早々インフルエンザで臥せっていた。 熱も出ないし、出勤停止期間を家でゆるりと過ごしていたが、 いざ会社に出たら体のキツいことキツいこと…。 出社して一週間は這うようにして会社を...「2日つづけて電車で泣いた    ~2月はお誕生日の月」の続きを読む
私の敬愛する藤田紘一郎センセイは、三重出身の寄生虫博士だ。 (主要著書:恋する寄生虫など) センセイがおっしゃるには、 最近の抗菌、除菌、殺菌はカラダに良くない。 人間が持っているすばらしい常在菌まで...「出勤停止処分   ・・・で、A型?B型?」の続きを読む
昨年の国民文化祭(って、11月だ!)から色々ひきずって、 年末年始もバタバタしっぱなしだった。 今日やっと平常に戻したような感じです。 それにしても新年句会にすでに7件出席していて、 これって異常じゃ...「平成30年、初ブログ   ~今年もよろしくです」の続きを読む
国民文化祭が終わって、 あーーーーーっという間に、 二週間たった。 その後も相変わらずばたばたしていて、 落ち着かない。 国民文化祭と並行してやっていたのが、 会社の役員変更の準備。 実は夏から父が体...「戦い住んで日が暮れて   ~大人の文化祭はハンパじゃない」の続きを読む
11月12日、奈良県橿原市「かしはら万葉ホール」にて 「国民文化祭なら2017~日本のはじまり橿原市へいざ川柳の祭典」が 行われた。 朝からキンキンに冷えた、素晴らしい晴天である。 事前参加者2257...「国民文化祭華々しく開催!  ~コンテナトラック爆発炎上!?」の続きを読む
いよいよ秒読みになってきた国民文化祭・なら。 やり残したことは無いかと思うだけで胸がどきどきしてくる。 たぶん実行委員の皆さんもそうだろう。 前日は午後から万葉ホールにて準備、 そして夕方から舞台リハ...「国民文化祭・ならへようこそ!   天気晴朗なれど冷え冷え~」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K