Loading...Loading...

エヒメ春の川柳大会_001昨日は第68回エヒメ春の川柳大会、生憎朝から雨模様だったが県内外各地から170名あまりの参加を得て盛大に行うことができた。全国大会以降、看板・会次第などは全てプロジェクターを使うようになって経費の削減が図られている。
愛媛県知事賞
・やわらかな度胸おんなを母にする    砥部 田中貞美
松山市長賞
・十指みな汚して神の鈴を振る      松山 山本毅
松山市文化協会長賞
・じんわりと私を消してゆく齢      松山 近藤修二
たけし盾
・沸点の手前きれいな愛になる      松山 郷田みや
まつやま吟社盾
・媚びもせず楚楚としている苔である   松山 柳田かおる
皆さんおめでとうございます。
特選句一覧は次の通り
エヒメ春の川柳大会特選句 大きな仕事も終わったので今日はのんびりデスクワーク。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

四万十市の小笠原望先生から「診療所の窓辺から」という本が届いた。朝日新聞のスタイルアサヒに毎月掲載されている望先生のエッセイが一冊の本になったのだ。スタイルアサヒが届いた時は一番にこのページを読んで切...「まつやまも四万十川も永遠に」の続きを読む
すっかり緑のシーズンになった。松山城の桜はほとんど散ってしまって、新緑のモミジが城を飾っている。まさに山が笑っている感じ。 桜に代って藤が咲き始めた。写真は松山城のロープウエーを下りたところにある藤棚...「山笑う城も笑って人笑う」の続きを読む
昨日「川柳さいじょう」が届いた。相変わらず写真が素晴らしい。今回は雪の石鎚とJR特急と菜の花のコラボ。 孫がまだ幼稚園の頃、車窓から見えたJR特急を見て「じいちゃん!!新幹線や!見た?見た?」と大声で...「新幹線を待つ石鎚も菜の花も」の続きを読む
好天につられて今年初めての登山らしい登山。目指すは皿ヶ嶺(1278m)。花は殆ど咲いてなかったが、ウグイスやシジュウカラなどの鳥の声に癒され、ブナの大木からはパワーを貰った。頂上からは松山市を一望でき...「森林浴生きてることは素晴らしい」の続きを読む
焼酎のカルピスソーダ割りが美味しいと聞いたので、最近は風呂上りなどによく飲んでいる。ネットで調べても人気があるようで、何となく初恋の味がするような気がする。 今日は山ガールの時間が取れたので久し振りに...「初恋はどうしているかソーダ割り」の続きを読む
昨日は珍しく山ガールと一緒に城山ウォーク。二の丸口から登って県庁側に下りた。昼休みには現役の人が多いが、それ以外の時は高齢者の人が多く歩いている。健康志向の高まりだろう。私もこの城山ウォークのお蔭で体...「葉桜と見る石鎚も美しい」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K