Loading...Loading...

いつも本ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。

加藤鰹氏が逝去されてから、まもなく1年となります。
たくさんのご友人、ファンに愛された加藤氏のお人柄そのままに、心温まるコメントに包まれた1年となりました。

あらためて、心よりお礼申し上げます。

本ブログは、1周忌をすぎた2017年1月末をもって終了する予定です。

その間、コメントは今まで同様に自由にお寄せいただくことができますので、よろしくお願い申し上げます。

川柳マガジン編集部



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

お知らせ”にコメントをどうぞ

  1. 太田 紀伊子 on 2017年1月21日 at 6:37 AM :

    川柳マガジン編集部様

    若くてカリスマ性を持つ加藤鰹さんは誰からも愛されました。静岡県賞をゲットしたりいい作家でしたね。もう一年になるのですね改めてブログともども安らかにお休みくださいませ。太田紀伊子

  2. 美魔女のひとり on 2017年1月21日 at 10:27 AM :

    高校時代の部活仲間の私たちを川柳に。
    川柳の会の方々に吹奏楽の楽しみを。
    パワフルにみんなを巻き込んで、輪を広げて、跳ねていった『鰹』でしたね。
    きっと今もまた、大きな広い海で周りを巻き込んで楽しんでいるでしょう。
    たまにこちらをのぞきながら…

    川柳の会の皆様
    川柳をまったくわからない私たちにお付き合いいただき、ありがとうございました。

  3. 白鹿 on 2017年1月25日 at 8:08 AM :

    命日だね!
    ジャガリコ目を離したすきにカラスに食べられちゃったの(;_;)
    ま〜た〜あ〜げ〜る〜よ〜

  4. 飲亭みるく on 2017年1月25日 at 4:09 PM :

    久しぶりにお邪魔します。
    鰹さん、もう1年ですね・・・。
    今でもSBSを聴いていると、ふと、あなたのペンネームが呼ばれるような気がします。
    私にとって、大きな印象を残してくれた方です。
    これからも、あなたの作品を読み返していきたいです。
    今日の日に一句。
    「寒気増し命日の朝蒼が沁む」
    ありがとうございました。

  5. take on 2017年1月25日 at 9:46 PM :

    鰹さん 

    今日で1年が経ちましたね。
    いまなおスカート姿で句碑の前に立てていませんが、
    約束をしましたのでいつか必ず(^^)

    鰹さんのサイン、欲しかったなぁと句集を開くたびに思います。
    いつでもお願いできるからいいと思っていたのです。
    今度こそ、お会いする日が来たら、お願いしますね。
    ありがとうございました。

  6. 太陽の陽子 on 2017年1月25日 at 11:43 PM :

    かつをさんへ

    鰹さんを失った川柳界なんて考えられないと思っていたけれど、どうにかなるものですね。
    ほんとうに、そろそろゆっくりされて下さい。たくさんたくさん、ありがとうございました。タ介さんも、ありがとうございました。やむちゃさんも・・・

  7. たかこ on 2017年1月26日 at 7:54 AM :

    鰹さん
    takeさん、ごめん。私、昨年の新年句会のあとで鰹さんのサインいただいた~
    でも、サインからはもうあのソフトな話しかけは聞こえない。
    ココは消えても、みんな忘れないですよね。
    心からお礼を、ありがとうございました。

  8. 塩っちゃー on 2017年1月27日 at 5:06 PM :

    去年の今日 二日経ってから25日の事を知りました。

    一年過ぎて、メールが来ないのがやっぱり淋しいなぁ~
    鰹ちゃんからの沢山の一筆箋やイラストが 宝物になっています。
    ○○様と宛名を書くところの「様」を 秋刀魚のイラストが描いてあって
    「サンマーー」と読ませる・・・それを見ては今も笑っています。

    鰹ちゃん、そちらに行った時には句会で またお世話になりますね。

    編集部の皆様 一年間 ここをのこしてくださって有難うございました。
    何回も読み返して とても有難かったです。

  9. 大田かつら on 2017年1月29日 at 1:08 PM :

    鰹さん、、月日の経つのははやいとは良くいったものですね、、鰹さんはフレンドリーでとても爽やか青年で、好感度抜群はブログの書き込みで証明済みかとおもいます、、。川柳「くれない」個人誌出したときは、真っ先にトラック野郎そのままの写真を提供してくれましたね、、。大変受けて写真コピーくれと言う川柳人もおられましたよ、、懐かしい思いでとなってしまいました、、でも、これからも出逢いを大切に川柳人生を駆け抜けていきますね、、鰹さん、、ありがとうございました、、サンキュー❗何れか天国でお会いして、また楽しいお付き合いしましょうね、、天国の鰹さんへ親愛をこめて、、かつらより

  10. くみ…。 on 2017年1月31日 at 11:12 AM :

    鰹さん お会いしたことないのに、まるで 昔からの知り合いのような気がしてなりません。写真も いっぱい!コメントもいっぱい! 一つあければ、延々と…。皆さん 書き込みをしたくってしたくって…って感じが伝わってきます。2月には 豊橋にも来られる予定でしたのに。そして、私とも知り合いになる予定でしたのにね。もうすこしすれば、皆 一堂に 会えるでしょう❗
    その時には、「初めまして…」と自己紹介させていただきます。その時まで暫し さようなら!

  11. なごみ on 2017年2月1日 at 7:44 AM :

    鰹さんあれからもう1年も経ってしまったのね。なんだかまたふっと現れて来そうな気もしています。そちらでは句会の準備万端でしょうか?ここのブログは今日で終わりだそうです。
    遺しておいてたまにはお話ししたいと思ってたんだけど・・・
    鰹さんとの思い出は心にしっかり刻んであります。安倍川を見下ろす句碑いいですね。
    何をかいてよいやら言葉に詰まります。じゃまたね。

  12. 白鹿 on 2017年3月1日 at 12:27 AM :

    まだいたね!(;_;)

    いたの
    ま〜だ〜い〜る〜よ〜←

  13. 春爺 on 2017年8月5日 at 6:39 PM :

    まいにち暑いですね。
    きょうは、ふと二度目の句碑に会いに行ってきました。
    33度の暑さにおもわず、句碑に爽健美茶かけちゃいました。
    帰りに近くの道の駅で足湯に浸かったりして余計暑くなりました。
    川柳やってますか?ユーフォニウム吹いてますか?お元気で・・・

  14. 白鹿 on 2018年2月18日 at 1:09 PM :

    (;_;)いたね!
    これから行〜く〜よ〜
    全然こない子いる?(;_;)
    ←

    キョン

  15. 春爺 on 2018年6月14日 at 2:33 PM :

    まだ書き込めるのですネ。
    たった今、鰹さんの句碑から帰ってきました。
    句碑のまわりにいっぱいお花が咲いていました。
    例のところで足湯もしっかり浸かってきました。
    熊本大会の様子も天国から見てましたか・・・。
    みなさんの大大活躍!よろこんでいることでしょう。

    川柳やってますか?ユーフォニウム吹いてますか?お元気で・・・

  16. 白鹿 on 2019年1月25日 at 9:55 AM :

    いたね!
    今度行〜く〜よ〜←
    (;_;)

  17. 春爺 on 2019年5月8日 at 4:42 PM :

    まだ書き込みできるんですネ。
    きょう鰹さんの句碑に会いに行ってきました。
    きれいなカモミールの花が句碑の近くに咲いていました。
    前回は6月14日でしたネ。
    もちろん帰りに例の足湯にも浸かってきましたヨ。

    川柳やってますか?ユーフォニウム吹いてますか?お元気で・・・

  18. 春爺 on 2020年6月3日 at 3:11 PM :

    まだ書き込みができるとは・・・謝。
    たった今、鰹さんの句碑から帰ってきました。5回目ですネ・・・
    きょうは、新東名駿河湾沼津から新静岡までぶっ飛ばしました。
    帰りは例の足湯です。座るところは離れるように×の印があります。
    いま娑婆では新型コロナなどという厄介なウイルスが居すわっています。
    STAY HOMEだそうです。県をまたがないので行けましたよ。
    句碑の前には黄色コスモスが咲いていました。

    川柳やってますか?ユーフォニウム吹いてますか?お元気で・・・

  19. 春爺 on 2021年1月17日 at 4:34 PM :

    まだ書き込みができるとは・・・深謝。

    鰹さんの句碑から帰ってきました。
    6回目ですネ。新東名が便利でした。
    お茶畑の後に新しい墓地ができていました。
    眼下に見える安倍川も水が無くてさびしい限りでした。
    まだまだコロナ禍の収束が見えません。
    なので足湯もスルーして沼津まで帰りました。

    そうそう出かけるとき「命日が近いですね。行ってらっしゃい。」って
    たかこさんが言ってましたヨ~

    川柳やってますか?ユーフォニウム吹いてますか?お元気で・・・

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K