Welcome to Toukatsu Senryukai
<創立>
 1987年(昭和62)10月24日(土)
<創立の精神>
 川柳は、十七文字を唯一の約束ごととする開放的な短詩文芸。ユーモアあり、ペーソスあり、抒情あり、真実味あり、詩性あり、時事詩あり、何でもあり。
 東葛川柳会は、社会の一員として行動し、時代を見つめ、結社の垣根を越えて交流し、川柳を楽しみかつ学ぶ。初心者にはやさしく、ベテランにはあなどれぬ会を実践。
<活動> 
 毎月末土曜日柏市で句会を催し、月刊誌「ぬかる道」を発行。自由吟募集。作品はすべて電子媒体に蓄積。1月新春句会、10月創立記念大会には著名識者の講演、5年ごとに合同句集発行。大災害時には義援金と見舞いの句募集。
 誌名「ぬかる道」の由来:俗諺の下総名物「悪女こんにゃくぬかる道」(こんな句ぬかる道)から借用。
<表彰> 
 ユーモア川柳大賞一般募集 投句無料、毎年9月末締切、1月表彰。
 副賞3万円、準大賞1万円。
<団体加入>
 (社)全日本川柳協会、柏市文化連盟。


●今川乱魚ユーモア賞〔大賞作品〕

第1回 ピンク着て賞味期限をまたのばす 上田 野出
第2回 アイラブユーくらいは入歯でも言える 森冨士三郎
第3回 長生きの秘訣元気で医者通い 石井 清勝
第4回 棒切れを拾うと何かしたくなる 薄木 博夫
第5回 助手席のナビゲーターはよく眠り 川村 安宏
第6回 宇宙では亭主を尻に敷けません 真弓 明子
第7回 昔くちづけ今は一喝して起す 中澤  巌
第8回 リストラですか鳩が気易く話しかけ 浅野 幹夫
第9回 ゴミ拾いました神様見てますか 窪田 和子
「ぬかる道」
毎月1日発行 購読の申し込み
年間5,000円
郵便振替00100-1-364125 東葛川柳会

代  表 今川 乱魚
副 代 表 江畑 哲男
事務局長 山本 義明
編 集 長 松尾 仙影

涙より涎は哀しそうに出る 今川 乱魚
秋には秋の女と出会うちぎれ雲 江畑 哲男
ひらがなの流れるように花を活け 穴澤 良子
ポスターから旬のキムタクはじけてる 新井季代子
川柳を噛めば千切れぬ人の味 飯野 文明
ソクラテス乳房の謎は解きあぐね 石戸 秀人
達筆に受付係泣かされる 伊藤 春恵
点滴が生命一滴ずつ呉れる 今成 貞雄
花筏こころまかせに風と組む 太田紀伊子
心から笑うと友がまた増える 大戸 和興
傷口の疼きよ時効きっと来る 上鈴木春枝
美しい四季と祭りのある日本 川村 英夫
クロールきってみる新築の青畳 窪田 和子
風の道寂しがりやが探しあて 熊谷冨貴子
性格の違う夫婦で飽きもせず 小林 和子
思い出のみなかぐわしい旅支度 小林 光夫
さん付けで母の小言が改まり 近藤 秀方
子が越せる程度の親でよしとする 笹島 一江
知り過ぎて真赤になった紅の花 島村 嘉一
一生を演じる舞台狭過ぎる 白浜真砂子
にっこりと妻に梯子を外される 竹内ヤス子
母だけの抱きようがある子の寝息 田制 圀彦
一期ゆえ力出し切り生きてみる 田村 巷談
長男の靴堂々と脱いである 中澤  巌
曼陀羅の点にすぎない悩み事 成島 静枝
渋滞のバスがつぶやき乗せてくる 舩津 隆司
今一度燃えていたくて風を呼ぶ 船橋  豊
里帰り弟お茶を入れてくれ 船本 庸子
パニックを茶番だと見る哲学者 松尾 仙影
六道銭残して無なる花遍路 松岡 満三
人間は地球の害虫かもしれぬ 水井 玲子
かっぽれの足袋より白いふくらはぎ 山本 義明