Welcome to Senryu Tenbousya
1、代表者 天根夢草

2、所在地 大阪府豊能郡豊能町ときわ台3丁目4の17
  TEL 0727-38-1845
  FAX 0727-38-6770
  Eメール ta9m-mmr@asahi-net.or.jp

3、機関誌 川柳展望(季刊)
  A5判 148頁
  年間誌代/4960円(〒共)
  (特長)
  イ.作品の質がよく、川柳の本質に迫っている。
  ロ.批評文、鑑賞文が多く、読んでためになる本。
  ハ.6号活字以上で読みやすく編集されている。
  ニ.毎号作品10句を募集している。応募句には
    希望者すべてに天根夢草がコメント(助言)
    している。

4、読者数 約1,200名

5、業務
  1)川柳集の企画、編集、発行
  2)作品アドバイス
  3)選者、講師の派遣
  4)執筆者の紹介

6、関係講座(教室)等
  サンケイリビング豊中講座、
  同西宮講座、
  同神戸講座、川柳夢華の会、
  はろーあさひ川柳会
  さんぽおと川柳会、川柳夢久の会、
  花の峯川柳会
  リーガロイヤルホテル
  「ロイヤル川柳」

「川柳展望」
季刊発行
編集兼発行人 天根夢草
■会員費 月1,200円(誌代込)
■誌代  季刊1年分 4,960円
■送金先
郵便振替口座
01150-2-49710 川柳展望社
銀行振替
住友銀行伊丹支店 普)449529 川柳展望社
好きな人のお隣の席確保する 中平 亜美
携帯を持って生まれてきた子供 仁賀 俊雄
潮干狩り欲の数だけ取れる貝 小林 早苗
死ぬときに抱いてあげられないキリン 大西 順子
魚の腹から魚が出てくるにわか雨 なかはられいこ
飛行雲引き幸せなパイロット 新家 完司
あやまるという習慣はない夫婦 高尾 育樹
レールがもう無いから汽車は置いて行く 池見 静男
八月の天に向かっている田んぼ 三村 舞
わたくしの代わりに濡れてくれる傘 あさの月世
客去んで座布團を片づけるひとり 柴田 午朗
入りたくない先妻と同じ墓 利光ナヲ子
街は海 青い背中の魚たち 久場 征子
老老介護先に惚けた方が勝ち 岡田 和子
BさんとダンスはするがAが好き 勝部 操子
やっつけてやる君を泣かせる人なんて 萩野 圭子
再会の君に必死の距離をおく 西谷美智代
母を預かる一週間か二週間 赤松ますみ
よく病気したので税が還付され 永藤 弥平
父死んで隣の犬は生きている 原井 典子
小雨などで傘を濡らしてなるものか 山本 洵一
被害者に無罪と同じ猶予刑 小川 しんじ
病む犬の首輪外せば死んでいき 日野 愿
逃げていくひとにやさしい曲がり角 谷口 節子
さざんかが以下同文のように咲く 籠島 恵子
指きりの八年たった指しずか 横倉 道子
外国へ死ぬまできっと行かぬ犬 和泉 香
口よりも小さく出来ている蛇口 門脇かずお
おしまいにしようとみんな手を叩く 金築 雨学
つちのこを見たのは膝の弱いころ 天根 夢草