《ゆうめいずんけんずたぐぼぐせんまさお  (田鎖トオル・東北弁川柳より)
《よかばってん彼女の返事はバツばかり  (野中喜代子・博多弁川柳より)
《おみゃあさん好きなら好きと言ってちょう  (内山サカ枝・名古屋弁川柳より)
《どないしたんあんたツッコミ冴えへんよ  (足立淑子・大阪弁川柳より)
《てやんでぇこちとら江戸のへえぬけよ  (木内紫幽・江戸川柳より)
あ、これって以前に教えてもらった「方言」を使った川柳だね。
どうじゃ、どれもおもしろいじゃろー
知らない地方の方言でもみんな意味がわかるし、川柳って「口語の文芸」と言われるだけあって、なかなかイイ感じですね。
これぞ、口語の究極川柳って感じですね。
方言川柳の良さは、素直な言葉でさらっと詠むところ。隠し味みたいなものなのだ。
そうだね、普通の川柳だって素直な言葉の方がいいもんね。
そうそう、そういえばある人から、手紙ををもらったの。その最後の行に、「ここで一句」とあって、
《ブラックホールの中に会いに来た電気椅子》
って川柳らしきものがあったのよ。もー訳分かんなくって。
というか、恐い・・・
ホント、全然分からないや。それに五七五じゃないね。
川柳にもいろいろと柳派があって、五七五にとらわれない人もいるのだ。
うむ〜、言ってることはよくわからないけど、何だかカッコイイと思うのはワシだけか!
カッコイイとか、そういうのではなく、相手に伝わらなければ意味がないよ。
《クフ王が笑う 炬燵の水はコスモトラベラー》
《春よこい魔法を食べるカレンダー》
どうじゃ、ワシも作ってみたぞ、カッコイイいいじゃろ。
ひではるさん、読み手を意識しないとダメですよ。
ワシなりに、意識もしたし、句意もあるんだが・・・。
そうだよ。分かるようにしなきゃ。
「分からん」ばかり言わず、もっと句意を探ってほしいのだが・・・。
ひではるさん、川柳はクイズではありません・・・。
川柳を読んで貰うっていう姿勢がないとダメだよ。
たしかに、「句意を探れ!」という私の発言は、押しつけになりますね・・・。
でも、カッコイイと思うんだけどなぁ・・・。
「何で、この句の意味がわからない」、「何で、こんな上手い川柳を理解しない」と、読者や選考者を責めたりする人も多くいますが、句の意味が理解されないときは、「なぜ、意味が通じなかったのだろう」と考えて、まずは自分の作品の表現方法を疑わないと、川柳の上達はありませんよ。
一人でカラオケに行って好き勝手唄うのも楽しいですが、やっぱり人に聞いて貰って、「いいねぇ~」とか「上手いなぁ~」と言われたいですからね。
うむ・・・、カラオケで、「おまえさんの歌は意味がわからん。」と言われたらショックだ・・・。
そうか、投句をする、発表をする、はイコール人に見られるわけですね。
川柳を読まれるという意識、これも大事なのですね。
いかがでしたか?
次の講座は【川柳のネタ、題材について】についてです。
.
作句の時に技巧を駆使したり、難しい表現を無理して使っても、良い川柳ができるわけではありませんし、いくら「かっこいいなぁ~」と自画自賛できる川柳ができたとしても、読み手が理解できなければ、その川柳は日の目を見ることはできません。
ですので、常に読み手を意識して、「分かる川柳を作る」ことを心掛けて作句に励んでください。
「朝起きて 顔を洗って めしを食う」「家帰り 風呂に入って テレビ見て」。
lこのような説明調の川柳は、俗に「説明句(報告句)」と言われ、あまり歓迎されない部類になりますが、意味の通じない川柳は、これ以下の評価をされるます。
「難しいイコール格好いい」、「難しそうイコール知的」というマヤカシに惑わされることなく、自らをさらけ出して、詠みたいことを素直に詠う。これが良い川柳を創作する基本中の基本です。


【講座の目次へ戻る】