ヒロコさん! ワシに川柳を教えてはもらえぬだろうか。
いいですよ、ヒデハルさん。
それでは、簡単に川柳とはどんなものか説明しましょう。
川柳は五七五で詠む以外は、むずかしい制約はまったくないのよ。
だから言いたいことを五七五に凝縮させて詠む、それだけよ。
ん? それだけ?
そうよ。
じゃあ、同じ五七五に俳句があるが、どう違うのかの?
俳句は、季節を表わす季語や、「かな」「や」などの切れ字を必要とする制約がありますが、川柳にはそのような制約がないのよ。
ふーん。自由に、何でも詠む、それが川柳なのですね。
しかし、自由に詠めって言われても、何を詠んでいいのやら・・・・
そうですね、具体的に言うと、俳句のように自然を詠んでもいいし、家族を詠んでもいいのよ。一行詩のように美しく恋を詠むのもいいかも。社会情勢や風俗を詠むのも面白いですよ。
もっと突っ込んで言うならば、人間の感情、喜怒哀楽を素直に詠めばいいのよ。
では、今日あった嬉しいことや、昨日の腹が立ったことを、そのまま五七五にすればいいのですね。
そうそう。
では、早速、川柳を作ろうと思うのですが、何から考えればいいのかの?
まずは、詠みたいこと、言いたいことを見つけることね。このような川柳のネタを見つけることを「着想(見つけ)」というのですが、これがとっても大切で、この「着想」だけでも良ければ、秀作ができたと思ってもらってもいいぐらいなの。
ところで、良い川柳とは、どんな川柳ですか?
そうですね、「誰もが出来そうで誰も出来ない」、という川柳が最高なんじゃないかな。それも誰にでも分かる平明な言葉でつづられた川柳がいいわね。句になった情況や感動を誰もが分かってくれる作品、そうだそうだと納得する作品が、良い川柳といえます。
では、川柳作句の基本をまとめてみますね。
1)誰にでもわかる言葉で作る。
2)出来るだけ「悲しい」「美しい」といった形容詞は避ける。
3)七五調のリズムを崩さない。
4)無理をせずに、素直に感じたままを詠む。
5)自分の川柳が人に見られるということを意識する。ここまでは、わかりますか?
うん、だいたいだけど、わかった。
はい。では、川柳の作り方に入っていきましょう。
お、お願いします。
同時に入選するためのツボも教えていきますね。
準備はいいですか?
は、は、はい。お、お、お願いします。
では、実作の講座に入りましょう。
次の講座は【とりあえず川柳を作る】です。


【講座の目次へ戻る】