Loading...Loading...

日本を縦断した台風18号の余波で、ゴーヤの目隠しがぽっきり折れた。柱が3本折れたが、添え木をして結束バンドで結んだら、上手くいった。運が良ければ、未だ少しは生ってくれるかも。

17日(日)は新白河で、「能因川柳会」の創立90周年大会があった。事前投句はしていなかったが、思い立って上野から新幹線で、1時間20分、思いの外早く着く。
筑波大学人文社会系教授の石塚修先生の講演「川柳(らしさ)とは何か」が、秀逸であった。中でも「俳句隆盛の基礎」を作った「高浜虚子」の功績についての話が面白かった。
 若くして亡くなった「正岡子規」は、俳句短歌の革新に狼煙を揚げた功績に、役目を果たしたが、俳句短歌の普及・地位の向上には、「虚子」が多大な貢献をした、と言えるようだ。

この項 書き掛けです。詳細は 次回に。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

台風の余波で・・・能因川柳会90へ参加”にコメントをどうぞ

  1. 伊田 網人 on 2017年9月19日 at 10:58 AM :

    由宇呆 様
     能因の大会で、貴兄はじめ東葛のみな様とお会い出来まして、大変ラッキーでした。本当にご無沙汰致しております。貴会の記念大会と当社の大会が重なりまして、残念です。また、いずれかの大会で、お会い出来ますことを楽しみにしております。

    • 山本 由宇呆 on 2017年9月19日 at 12:05 PM :

      伊田 網人 さま
      白河まで 行った甲斐がありました。
      他にも 福島の皆さんに 会えました。
      本当に良かったです。
      また 何処かでお目に掛かります。
      由宇呆  拝  

  2. 江畑 哲男 on 2017年9月19日 at 9:34 PM :

    能因90周年大会参加、お疲れさまでした。
    石塚先生の講演、良かったですよね。
    小生もそう思いました。
    川柳を韻文史全体から大づかみに俯瞰して、しかも分かりやすい言い回しで解説していただきました。とかく内向きがちな川柳界にとって、あのような講演は刺激になります。
    その旨、石塚先生にはメールを差し上げたところです。
    以上、山本由宇呆ブログに便乗させていただいちゃいました。有難うございました。

    • 山本 由宇呆 on 2017年9月20日 at 10:13 AM :

      石塚先生の面白さを、どこまで書けるか分かりませんが
      少し 辿ってみたいと思います。
      間違い、勘違いなど ご指摘ください。
      では、また。 

  3. 佐藤 千四 on 2017年9月20日 at 8:05 AM :

    おはようございます。
    犬山以来でした。お元気で何よりでございます。石塚先生のいかにも大学調で面白い切り口を拝聴しました。幸運です。この項、次回を楽しみにしています。

    • 山本 由宇呆 on 2017年9月20日 at 10:10 AM :

      千四 さん
      相変わらずのお元気を頂きました。
      お土産まで頂いて 有難う御座いました。
      つくばね叢書「合わせ味噌」を、ふっと思い出して
      今朝 久しぶりに開きました。
      軽妙な句、笑える句 は、勿論
      乱魚さんとの経緯、「千四」命名の由来、などなど
      懐かしく拝読。
      そのうち 別便にて。 

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K