Loading...Loading...

昨日ちょっと時間がありました。

JR山手線に49年ぶりに登場した新駅・高輪ゲートウェイ駅に途中下車してみました。たしか開業は今年の3月。以後、コロナ禍が続いているので、小生も一度も降り立つことがありませんでした。

新駅は、建築家・隈研吾氏デザインの「和」をイメージした構内、明朝体フォントの駅名表示、AIの案内ロボットなど見どころがいっぱい!、のはずでした。しかしながら、構内は閑散としていて、写真(左)のような光景でした。残念。

でもまぁ、今後が楽しみ。そう思うおくことにしましょうね。スケールの大きさだけは実感できましたので。はい。

以下、ウエブ上のPRをご紹介しておきましょう。

《JR東日本は、次世代の駅へ向けての実証実験開催駅、新しい技術を導入するショールーム的存在としても位置付けている。屋根は、光は透過させつつ熱は遮断する膜構造とする。QRコードを使った自動改札、人工知能(AI)案内ロボットの配置、無人コンビニエンスストア開設(写真、階上にスターバックス、構内が無人コンビニ)が行われている。駅ホーム照明にはパナソニックのPLCによる自動調光調色システムを採用し日中は昼白色、夕方からは電球色に調色される。なお、2020年7月より、2024年度に予定されているまちびらきへの導入を目指し、消毒作業、手荷物や軽食・飲料の搬送などを行うロボット、パーソナルモビリティの実証実験が行われている。同年9月15日 ~ 9月29日には、QRコードを使った自動改札の実証実験が実施された。》



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K