Loading...Loading...

(いささか旧聞に属すること、お許しいただきたい。)
月刊オピニオン誌の類いに、森善朗元総理がやたらと(失礼!)登場していた。現役時代はかなり評判の悪かった森元総理だ。敏腕でもないし、あまり頭のよい政治家とも思われてはいなかった(またまた失礼!)。そう記憶している。
その森元総理が政界を引退して、早や7~8年? ガンを患いながらも、ラグビーW杯の日本招致を成功させたり、東京五輪の組織委員会会長を務めたり、いやはや大変重要な役割を果たし続けているようだ。先般は、李登輝元総統の葬儀に台湾に駆けつけた(滞在時間わずか3時間!)。ココまで来ると、もう「尊敬」という単語も用意しないとイケナイほど。ただただ恐れ入るばかりである。
登場した月刊誌、その一端を紹介しよう。
・『Hanada』11月号「朝日新聞は安倍総理に詫びよ!」
・『正論』11月号「政局は繰り返す なぜ岸田氏は機会を逃したか」
いずれも、インタビュー記事だった。このあたりが森さんらしい(笑)。晩節を穢す政治家も少なくないなかで、しかも週3回・3時間半かけて治療(透析)をおこなう中でのご活躍はご立派。ホント、頭が下がります。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

いい味出してますね、森元総理”にコメントをどうぞ

  1. 田辺 与志魚 on 2020年11月2日 at 11:37 AM :

    頭脳よりも信念、真のラガーマンだったのかもしれないですね。

    • 江畑 哲男 on 2020年11月2日 at 6:17 PM :

      田辺与志魚様
      癒やされるコメント、有難うございます。
      いま難しい作業をしていたところ、デシタ。モチロン、川柳の仕事です。
      PCはなかなか言うことを聞いてくれません。かつての悪童よりもタチが悪いです(笑)。
      森元総理の人柄には癒やされますね。有難うございました。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K