Loading...Loading...

昨日に引き続いて、『茶の本』。
岡倉天心に言わせると、「茶道は姿を変えた道教なのである」と言います。
その心。
一つは、「相対性の認識」。
これは、何となく分かりますね。

「道」は字義としては通路。道教においては宇宙の根本原理であり、何事によっても規定されないものと考えるとか。
また、道とは「移り変わる」ことであり、ひとつの真理がさまざまな姿を取りうるという認識を表している、とも。
「ひとつの真理がさまざまな姿を取りうる」ということを、酢の味見のたとえ話で、以下のように解説しておりました。

酢の壺(人生の象徴)に指を浸して3人の有名人が味見をした。
実際家の孔子は「酸っぱい」と言った。仏陀は「苦い」と言い、そして、老子ひとりが「甘い」と言った。要は、固定的な観念というのは相対化され得る、と言うことなのでしょう。

もう一点が、「不完全性の美学」。
「不完全」「未完成」であることによって、その先に「完全なり完成に向かって、無限の可能性が開かれる」というのです。
老子独特の「虚」という概念。本質的なものは「虚」のうちにしかない。と。こちらも例を引いており、部屋というものの実質は、空っぽの空間にあると。水差しが役に立つのは、形や材質ではなく、水を入れるというからっぽの空間にあるのだ、と。

う~む。何だか分かったようで分からない部分も、正直言ってありますね(笑)。しかしながら、以下の点だけは確かでしょう。

《 茶の歴史を振り返ったとき、茶そのものも、その背景にある老荘思想、道教、禅などの哲学もすべて中国でうまれたものであるが、それらが融合され、茶道として完成されたのは日本においてである。》
《茶道は日本で完成された。中国で廃れた茶の理想は日本において引き継がれ、茶、老荘思想、道教、禅もまた、日本において、「茶の哲学」として完成された。》

う~む。

茶道は深い。いやいや、茶道も深い!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K