Loading...Loading...

お墓に行って参りました。
いやぁ、暑かった!! ちりっちり、デシタ。
でもやはり、妻と二人で迎え盆に行きました。
西暦538年(諸説あります!)の仏教伝来以来、いやいやお盆の風習はもう少し後になりますか? いずれにしろ、1400年以上も続く日本人の伝統行事です。蔑ろには出来ません。

地方や地域によって、また家風によって、さらには個人的事情によって、法要のあり方もさまざまでしょう。それはそれで結構なんじゃないでしょうか。時期の違い(いわゆる「東京盆」とその他の地方との違い)などはその典型でしょう。ましてや、細かい風習は、それぞれの事情や趣があってよいものですね。
当方、今年は子どもも孫も来ておりません。時節柄、仕方ありません。
皆さんは、この時期如何お過ごしでしょうか?
それにしても、暑い! コロナ禍もさることながら、熱中症の方が要注意かも知れませんゾ! ともかく、暑い!! 暑いと書くと、よけいに暑い!! くれぐれも、気をつけて下さい。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

盆の入り”にコメントをどうぞ

  1. 杜青春 on 2020年8月14日 at 12:15 AM :

    ん~、台湾の墓参りは清明の節句、大体四月五日前後、
    でないと、お盆、中元のときは40度の暑さでバタバタ倒れるかも

  2. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2020年8月14日 at 9:39 AM :

    「清明の節句」。日本では忘れられかけております。
    お盆の猛暑を避ける、意味もある? なるほどねぇ。賢い!
    ところで、台湾のお線香の大きさには驚きました。日本の数倍はある?

    • 杜青春 on 2020年8月14日 at 10:51 PM :

      確かに台湾の御線香は長いです。日本の倍ぐらい?
      線香が点している間は、ご先祖様がお供えを召し上がれるようなので、ゆっくりめ。
      その間は親類同士が木陰で一服、雑談。子供はお墓を囲んで鬼ごっこ。大人は見て見ぬふりなど…

      • 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2020年8月15日 at 8:29 AM :

        ナルホドねぇ、勉強になりました。
        日本人はせっかちが多いので、短めのお線香で早食いってことかな?(笑)
        有難うございました。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K