Loading...Loading...

何がヒドイと言って、ごく最近のニュースで言うならば、横田滋さんの逝去報道が一番かも知れぬ。逝去直後の記者会見。ご子息の横田拓也・哲也さんは、こう言い切った。
《私たちのそばに長いこといて支援してくださった安倍総理とともに問題解決を図っていきたい。》
《一番悪いのは北朝鮮だと思いますが、拉致問題が解決しないことに対して、安倍総理は何をやっているんだというメディアもあります。》
40年以上何もしてこなかった政治家や、北朝鮮が拉致なんかするわけないと言ってきたメディアがあったから、ここまで安倍政権が苦しんでいるんです。何もやっていない方が政権批判をするのは卑怯だと思います。》
被害者の立場としては、かなり思いきった発言であろう。しかし、拉致問題を少しでも勉強した方なら、横田ご子息の発言は痛いほど分かる。拉致問題の常識、そのイロハのイを述べているに過ぎない。
ところが、朝日新聞やNHKなど主要メディアは、横田ご子息のこの発言部分は全くと言ってよいほど報道しなかった。無視をした。自身に都合の悪い発言は勝手にカットしてしまったのだ。(加計学園の場合も同様。)
それどころか、北朝鮮べったりのコメンテーターに安倍批判を展開させる始末である。半可通のTV出演者もヒドっ。ディレクターあたりに吹き込まれたのか、拉致をした北朝鮮を批判せずに水面下で救出に苦闘している政権の方をあべこべに非難している。したり顔で!
基本的な情報すら提示しない日本のマスコミ。もはや報道機関ではない。「反日」というビョーキは確信犯なのかも知れない。(『正論』9月号ほか参照。写真は、同誌所収の論文「報道機関なのに事実を伝えない」(八幡和郎))



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K