Loading...Loading...

失くしてからもう2週間が経ちます。

どこかにあるだろう、そのうち出てくるだろうと、希望的観測をしていましたが、とうとう見つかりません。

句帳、失くしちゃったようです。 トホホ。

9月以降、ともかく忙しかったのです。

10月が多忙のピークでしたね。

原稿、レジュメ、メモや資料の類いが書斎に散乱。おまけに私事ですが、子どもの結婚や家のリフォーム(こちらはほぼ完成)などもあって、てんやわんやの2カ月間でした。

今日あたりから、ようやく「普通の忙しさ」に戻ったところです。

もっとも、当会役員のNさんには、小生の場合、「普通の忙しさ」も超人的だ、などと言われてしまいましたが、……(笑)。

それにしても、句帳、出てこないかなぁ~。ホントに。

入選句は、ナントカ掲載誌を見て復元可能なのですが、復元できないのは未発表の「名句」(息子の結婚式時に創った作品も含まれています)。2014年7月~10月までの約3カ月で書き留めたその数、およそ500句?くらいか。あ~あ、ザンネン。

たしか、10年くらい前にも、同じ失敗をしました。

その時の作品。

「あるはずの手帳ここにもないないない」(江畑哲男)

あえて、珍しく、下六調に仕立たことを記憶しております。2005年の作品です。

仕方ない!!

ブログはこのくらいにして、もう一仕事。

明日の講座のレジュメを、最終チェックすることにしましょう。

 (グチを聞いていただいて、感謝!)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K