Loading...Loading...

いよいよ、日本上陸を果たしました!
この『反日種族主義』 (李 栄薫 編著、文藝春秋社、1600円+税)、我孫子駅前の書店で求めました。小さな小さなコーナーがあって、ちゃんと鎮座しておりました(写真)。
じつは、この本。先週、柏の書店まで買い求めに行ったら在庫ナシ、という返答だったのです。やむなく引き下がり、昨日我孫子の小さな書店に立ち寄ったら、ありました・ありました。柏になかった本が、我孫子にあった! 嬉しかったです(笑)。
それで、いま読み進めているところ。
それにしても、このテの本を韓国で出版する!!!、何という勇気。
改めて敬服したします。
ソウル大学という韓国の超一流大学の教授です。一歩間違えれば一夜にしてその立場を失いかねない、命の危険さえ感じてしまう、そんな本なのでしょう、きっと。
本のプロローグは「嘘の国」。中身は、「嘘をつく国民」「嘘をつく政治」「嘘つきの学問」「嘘の裁判」「韓国の嘘つき文化は国際的に広く知れ渡ってます」と、冒頭から過激(正直!?)です。
いやぁ、ご立派! よくぞ勇気を出して分析してくれました。
日本でこんな批判をしようものなら、すぐにマスコミから個人攻撃にさらされそう。「ヘイトスピーチ」などと指弾され、追いかけ回されて(杉田議員のように)、日常生活もままなりませんよ。
まぁ、ともかく読んでいきますね。ではまた。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

見ィつけた、『反日種族主義』”にコメントをどうぞ

  1. はんじき on 2019年11月27日 at 10:14 AM :

    おはようございます
    私もさっそく
    先週、地元図書館にリクエストしておきました(^^♪
    いつも
    話題の本?の紹介ありがとうございます。
    毎回楽しみにしています。
    そして、結構購入等しています。
    このブログの影響大です!(^^)!

  2. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2019年11月27日 at 6:34 PM :

    はんじきさん、いつも有難うございます。
    そうですか。小生はこの出版不況下にあって、大いに貢献しているんですね。
    嬉しいです。
    幅広い視野を獲得するためには、インプットが欠かせませんよね。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K