Loading...Loading...

昨日(10/27)の「柏市文化祭川柳大会あわせて東葛川柳会31周年記念川柳大会」、ご参加有難うございました。お陰さまで盛会で、しかも好評でした。主催者としては、参加者の皆さんの楽しそうな様子を拝見すると、それだけで嬉しくなります。「やって良かったナ」という思いにかられるのです。さすがに疲れましたが、癒やされた思いです。
今回の記念講演。講師は、愛知県名古屋市からお招きしました。名古屋女子大学の前教授で、現在は東海能楽研究会代表を務めておられる林和利先生でした。何しろ、野村万作に弟子入りして狂言を学んだ先生です。初心者向けの講義に始まって、狂言の歴史と蘊蓄を語り、さらには発声の実技指導までして下さいました。ホンモノです。
会員の声。「本当に良い講演で、みんなで声を出す狂言風の節回し。すっかりカルチャーショックを受けました」というメールが、早くも届いております。

なお、今回は講演会のみの参加を無料とさせていただきました。いわゆるオープン参加です。柏市文化祭の一環という点も考慮しての配慮でした。日ごろお世話になっている柏市や文化連盟へのご恩返し、という思いもありました。

嬉しかったのは、小生のこのブログを見て、講演に参加された女性の方がおられたこと。記念講演は如何でしたか? ご参加、有難うございました。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

大好評でした、記念講演「狂言の笑いと魅力」”にコメントをどうぞ

  1. 島津 由紀子 on 2018年10月29日 at 10:24 PM :

    開演前のお忙しい時にご挨拶させていただきました、「ブログを見て参加した者」です。

    「かしわ元気塾」で江畑先生の講演の司会を担当させていただいて以来、
    先生のブログを楽しみにしております。

    狂言にも興味がありますので、良い機会をいただき誠にありがとうございました。

  2. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年10月29日 at 11:27 PM :

    わざわざのご訪問とコメント、有難うございます。
    当日は嬉しいこと、いっぱいでした。
    そうですね。
    ブログをご覧になって参加された方がいたというのは、嬉しかったことのベスト5に入ります。その旨のご挨拶もいただきました。
    「オープン参加」を謳っても、効果を疑問視する人もいますが、一人でも二人でも貴女のような方がおられたのが嬉しいのです。こちらこそ、感謝!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K