Loading...Loading...

9/27付け読売新聞「気流」欄に掲載された小生の投書。その続報になります。
投書のタイトルは「防災と外交 首相に期待」として、関東地方では掲載されました。投書時に小生が付けたタイトルとは少し違っておりました。
この投書。九州版の掲載紙面では、さらに違っていたようですね。そのタイトルは、「国民的課題は与野党一致して」になっておりました。福岡市在住の石田酎さんから、資料付き(新聞コピー)で教わりました。酎さん、有難うございました。
もっとも中身は変わっておりません。当然です。タイトルが、東日本版と九州版?では違っていただけです。こういう方法ってあるんですね。
念のため、小生が投稿した本文を再掲しましょう。さて、皆さんがもし新聞記者だったら、どのようにタイトルを付けますか?

緊急二課題で国民的協力・共同を

自由民主党の総裁選挙は安倍現総裁の勝利で幕を閉じた。安倍三選が、長期政権の確立が、日本の将来にとって喜ばしい結果につながることを心から願って止まない。
内外ともに多難な情勢である。立場や主張はいろいろあるだろうが、次の二つの国民的課題については、与野党一致・国民共同の姿勢をぜひとって貰いたい。
まずは内政。想定外の災害が頻発する昨今。「災害に強い国土作り」は全国民の願いだ。異論はあるまい。予算を思いきって確保し、モノ作り日本の技術の粋を集め、ためらわず推進して欲しい。与野党を問わず、過去の経緯にもとらわれずに進めるのが肝要と思う。
二つめは外交。北方領土、尖閣、竹島、拉致問題等については、国益最優先で臨むべし。例えば今回のプーチン氏の爆弾発言。その反応のいくつかに、あろうことか安倍総理の非を詰っていたのには仰天した。勘違いするな、と言いたい。不誠実なのは相手側であって、日本側・安倍総理ではない。とかく現政権を批判したいが為に、外国の主張に軽々に同調する向きがマスコミや野党にはある。過去にもあった。折しも拉致問題の解決の正念場だ。立場を越えて、国民世論を盛り上げていく好機である。間違っても、与野党の政争の具になどしてはならない。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

九州地方で掲載された投書のタイトルは?”にコメントをどうぞ

  1. たむら あきこ たむら あきこ on 2018年10月8日 at 9:40 PM :

    なるほど。
    掲載文のタイトルが場所によって違うんですね。
    興味深いね。
    与野党一致して↽ココ
    ま、よろしいでしょう。
    これからも「正論」をお待ちしています。

  2. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年10月9日 at 6:40 AM :

    有難うございます。
    九州版のタイトルの方が、小生の主張に近いと思いました。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K