Loading...Loading...

10月に入りました。

「柏市文化祭川柳大会あわせて東葛川柳会31周年記念川柳大会」が近づいて参りました。以下に要項を掲載します。

その前に、記念大会の講師について、皆さんにお知らせしておきましょう。ご期待下さい。楽しみにして下さい。(以下は、『ぬかる道』10月号巻頭言より)

〈恒例の記念講演は、愛知県名古屋市から林和利名古屋女子大学前教授をお招きした。小生の古くからの友人であり、同じ大学の先輩・後輩という関係でもあり、それより何より同じサークルで研鑽を積み、よく学び・よく遊んだ仲間(学友)である。今回、記念講演を二つ返事で気軽にお引き受けいただいたのだが、じつは大変な著名人にお声をかけたのである。この点だけは、皆さんに事前にきちんとご紹介をしておこう。
林和利。昭和27年生まれ、兵庫県出身。早稲田大学教育学部国語国文科を卒業し、同大学院文学研究科芸術学(演劇)を経て、平成11年に博士号を取得。
職歴は、都内高校教諭に始まって、いくつかの短大・大学専任講師・助教授・教授とステップアップをされ、一番長く教鞭を執られたのが名古屋女子大学であったと聞く。
林先生のご専門は狂言。国語教育学会、日本演劇学会、芸能史研究会、歌舞伎学会等々に所属するかたわら、東海能楽研究会・逍遥フォーラム・万作を観る会・笑い文化研究会などの運営と活動に精力的に携わってこられた。
今春、名古屋女子大学を定年退職したのを機に、これらの研究や顕彰活動を継続すべく、「伝承文化研究センター」を開設し、その所長に就任された。
主な著書。『人間国宝 野村万作の世界』(明治書院)、『古今東西ニッポン見聞録』(風媒社)、『古典の精髄』(世界思想社)、……。〉

記念講演のみの参加は、無料です。川柳人以外の方の参加も歓迎します。

柏市文化祭川柳大会あわせて

東葛川柳会31周年記念川柳大会

日  時 10月27日(土) 11時30分開場 (昼食各自)

会  場 アミュゼ柏2F クリスタルホール
〒277-0005 柏市柏6ー2ー22  電話 0471-64ー4552
(JR常磐線・千代田線・東武野田線 各柏駅東口下車 徒歩7分)

△記念講演 「狂言の笑いと魅力」     林 和利 先生
(前名古屋女子大学教授、東海能楽研究会代表)

講演会はオープン講座。講演のみお聴きになることも可能です(無料)。
その場合の受付は、12:30~。講演開始は、13:00~(約60分)。

▽記念句会(各題2句、連記は3句。席題なし、出句〆切12時30分)
宿題「 女 子 」     加藤ゆみ子 選(川柳研究社)
宿題「ステップ」     駒木 香苑 選(川柳能因会)
宿題「能 書 き」     佐藤 孔亮 選(東京番傘川柳社)
宿題「自 由 吟」     日下部敦世 選(東葛川柳会)
(自由吟のみ3句)

会  費  1,500円
<柏市長賞・議長賞・教育長賞・柏市文化連盟会長賞
・千葉県川柳作家連盟会長賞、特選・ユーモア賞あり>

<欠席投句>
3、5㎝×22㎝(連記は8㎝×22㎝)程度の句箋に書き、
裏に「題」と「氏名」を記入して下さい。
投句料  82円切手×5枚  10月24日〆切厳守
〔投句先〕 〒270ー0034 松戸市新松戸7ー222ーD202
船本 方 東葛川柳会句会部 御中

後  援   千葉県川柳作家連盟



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K