Loading...Loading...

ユニークな本屋さんでした。
クッキーをつまみ、コーヒーを飲みながら、本が読めるのです。これまでの「常識」を見事に覆しました。

このユニークな店舗がオープンしたのは、たしか一年ほど前のこと。一度は行きたいと思っておりました。本日(4/17)午後、勤務高の授業を終えた後に立ち寄ることが出来ました。

こういった新スタイルの書店を、「生活提案型商業施設」と呼んでいるようです。

では、皆さんもどうぞご一緒に、ユニークな店内をご覧下さい。

左側はレッキとした本屋さん。右側は、何とアパレルショップになっていました。

(こちらにもどうぞ、といった感じです。)

 

 

 

右側は本屋さん。左側が、カフェでした。

そう、本屋さんの中にカフェがあるのです。

 

 

 

蔦屋という本屋さんの中で営業しているスターバックス。

背中を見せているのは、若い男性店員さん。

モチロン、撮影の許可を取っております(念のため)。

そのスタバはPRでこう謳っております。

「高品質のアラビカ種コーヒー豆から抽出したバラエティ豊かなエスプレッソ ドリンクをはじめ、フレッシュなペストリー、サンドイッチをお楽しみいただけます。Book&Caféスタイルの店内では、蔦屋書店の書籍をお読みいただけます。また、ご購入いただいたドリンクは店内全ての席でお楽しみ頂けます。」

世の中、変わりました!

 

左側が本屋さん。右は、文具店。この組み合わせは他店でも見られますね。

 

最後は、店内のトイレです。

キレイでしたね。

撮影は男性用トイレのみ(笑)。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

オシャレな本屋さん・蔦屋(柏の葉店)に、立ち寄りました”にコメントをどうぞ

  1. Y.とまと on 2018年4月18日 at 8:55 AM :

    おはようございます!
    うちの近く(車で10分未満)にも、最近 この系列の蔦屋書店が、
    開店しましたョ!・・スタバも文具店もアリ・アパレルではなく雑貨店
    が併設(隣にユニクロアルカラ?) きれいなトコでコーヒーしながら読める☆!
    何より最近本屋さんが、次々撤収する中 充実した品揃えの
    本屋さんがアルのは、嬉しい限りです☆ネ!!

  2. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年4月18日 at 5:57 PM :

    えっ、茨城にもあるんですか? トレンディな店が、……(笑、失礼)。
    いやはや、失礼いたしました。
    さてさて、本日は新年度になって3時間目の授業。
    その授業。本日は珍しく(!?)イマイチでしたねぇ。反省、反省。
    う~む、新しい生徒たちとの距離感がまだつかめません。

  3. Y.とまと on 2018年4月18日 at 11:16 PM :

    えっ、先生にも あるんですか? イマイチな授業が、
    ・・・・・(笑・失礼!!)☆☆
    はてさて 失礼致しましたm(__)m(^^)

  4. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年4月19日 at 7:08 AM :

    おはようございます。
    そうなんです。昨夜は落ち込んでいて、寝つきが悪かった。とほほ。
    でも今日はもう立ち直りました!(笑)。
    本日の講演(船橋中央公民館、午後13:30~)のために、新しいネタを仕込みました。よ~し、頑張るぞっ~!!! 
    いつも有難うございます。

  5. やすみりえ on 2018年4月19日 at 12:22 PM :

    やすみりえです。
    先日の尾藤川柳さんの名披露目会は楽しかったですね!
    ブログにも写真を載せていただき嬉しいです。
    句碑建立へのメッセージ、ありがとうございました(^_^)

  6. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年4月19日 at 9:21 PM :

    やすみりえ様。
    有難うございます。
    そうです、尾藤川柳氏の名披露目会は、格式高くかつ楽しかった! あの折りの参加者は、皆さんそう思われたのではないでしょうか。
    大いに川柳を発信して参りましょう。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  7. 野村 賢悟 on 2018年4月20日 at 9:03 PM :

    今晩は こちらでは最近「蔦屋」(三原ではツタヤと言っていた)の本屋が撤退して不便しています。新しく着た本屋は規模も小さく、仕方なく5キロくらい離れた本屋を利用しています。

  8. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年4月20日 at 11:05 PM :

    そうですか。それは不便でしょう。
    地方が(文化的にも)豊かにならないと、日本再生はありえません。
    先日のこと。南紀の駅のホームにはエレベーターもエスカレーターもなく、お年寄りが階段を上り下りしておりました。都会の駅よりも、本来なら地方の駅や路線の方に手厚くすべきですよね。
    もう一つ。熊本に行ったとき、いつも買う月刊誌の発売日にちょうど当たりました。熊本で買い求めて、帰りの時間に読んでいられると思ったら、東京とは発売日が3日ほどズレるということ。これまたビックリでした。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K