Loading...Loading...

 

2日目(2/5)の午後から紀州・新宮へと向かいました。目的は、徐福伝説を追いかけること(写真左、徐福公園)。大石誠之助(大逆事件の刑死者)の史跡を訪ねること。この二つでした。
案外早い時間にホテルのチェックインを済ませると、レンタルサイクルが無料だと言うじゃありませんか。

「そっか、狭い新宮市内。いっちょ行ったろうか」てな訳で、自転車に乗って颯爽と(?)市内散策へ。

しかしながら、すぐに自転車の移動を後悔し始めました。新宮駅前はともかく、新宮の城跡などは、(比較的低いながらもそれでも)山の上にあります。上り坂はキツイ! だいいち、「オレって、自転車に乗るの何年振りだろう?」といった感じだったのですから。参りました!

それでも、制覇した新宮の城跡から、市内を眺める。眼下には熊野川。殿様気分を少しだけ味わいました。

南紀の旅、3日目。

前日の反省から、自転車は捨てて、市内を散策。

まずは佐藤春夫記念館まで、タクシー。あとは、新宮駅まで戻る感じで市内の各所を見学しました。

佐藤春夫記念館

佐藤春夫生誕の地

 

 

 

 

 

 

 

大石誠之助宅跡と事件顕彰碑。顕彰碑には「志を継ぐ」と彫られておりました。

(この項、そろそろこの辺で「ジ・エンド」?)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

紀州・新宮へ(南紀の旅Ⅴ)”にコメントをどうぞ

  1. たむら あきこ たむら あきこ on 2018年2月14日 at 9:46 AM :

    はい、お疲れ様~。
    城跡へはまだ行っていないのですが。
    じつは、大石誠之助宅跡もまだ。
    次に行くときは前田先生のお墓参りのあとの吟行地になるかと。

    佐藤春夫は、亡父が関係していたことでご遺骨を新宮まで運んでお墓におさめたと聞いています。
    そのお墓にも行ってみたいのね。

    ここまで行かれたなら、次は熊野川上流の有名な瀞峡。
    川に温泉が湧き出ている、川湯温泉。
    那智の滝。
    紀州の世界遺産を制覇なさってくださいね、いつか。

  2. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年2月14日 at 7:27 PM :

    えっ、佐藤春夫の関係者だったんですか?
    それはそれは。
    次にアップするか迷っているのですが、佐藤春夫記念館の館長さんは、大逆事件の研究者のようです。立派な業績をお持ちの元高校校長先生だそうです。当日、お目にかかれませんでしたが、……。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K